products

検査・検品AI画像検査装置

Y's-Eye(ワイズアイ) ハンバーグ

希望小売価格
非公開

この製品・サービスへのお問い合わせ

解決できる課題

  • 利益率改善
  • 経費削減
  • 人手不足解決
  • HACCP対策
  • SDGS対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 歩留まり改善
  • クレーム対策
  • 自動化
  • IoT、DXの活用
  • 省スペース
  • 生産効率改善
  • 異物対策
  • 見える化
  • データ一元管理
  • 食品対応グリース
担当者からのおすすめポイント!

排除機構はロボット以外にもございます。
省スペース、高速検査に対応できる製品については、関連資料でご確認ください。

実際食品製造の現場では外観検査だけできて終わり、というわけにはいきません。検査員は、不良の取り除きまで担っており、熟練された担当員でなければスピードに追いつきませんが、その部分も自動化できなければ、効率化は実現しません。

大手食品メーカー様への導入実績多数!
ぜひ安川グループの我々にご相談ください。

★お取引先の一覧は弊社WEBサイトへ
https://company.i3-digital.com/customer/

世の中にAIを使った外観検査システムはたくさんありますが、自動化機器との繋ぎ込みや調整はAIベンダーだけではできない領域です。

ぜひ、安川グループの我々にご相談ください。

製品説明・スペック紹介

検査査品質の安定化・省人化を支援するAI画像判定ソリューション
「Y’s-Eye(ワイズアイ)」の検査対象特化型モデル第1弾

■検査対象特化型モデル「Y’s-Eyeハンバーグ」とは?

AI画像検査+排除機構がセットになった、検査品質の安定化・省人化を支援するAI画像判定ソリューション「Y’s-Eye」の検査対象特化型モデル第1弾です。検査対象をハンバーグパティに特化し、パッケージ化することで、従来よりも短期間でスムーズな導入を実現しました。
安川グループの技術を集結し、AI×ロボットの連携によって検査工程自動化を実現すると同時に、検査結果データから不良傾向分析を行うことで、歩留まりの改善、人手不足の解消や食品ロス削減に貢献が期待できます。形状や合格品の判定基準が画一ではなく、製品検査を人手に頼らざるを得なかった食品製造業で注目されるソリューションです。

■筐体スペック
添付の資料をご確認ください。

製品・サービスに関する資料

取り扱い企業

企業名
株式会社アイキューブデジタル
所在地
〒802-0003 福岡県北九州市小倉北区米町2-1-21
電話
093-522-5050
Webサイト
https://solution.i3-digital.com/ys-eye/
サービス提供エリア
北海道・東北
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県
東海
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
北陸・甲信越
山梨県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県
関西
大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県
中国・四国
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州・沖縄
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県