category introduction

FOODTOWNアドバイザー徹底解説!

食品工場に特化したFOODTOWN自動化専属アドバイザーが独自の視点で各製造⼯程や商品種別について徹底解説︕
説明だけでなく、導入時の確認すべき事項や選定ポイント。導入後のトラブル事例や事前対策ポイントなど現場で役立つ情報を掲載しています。

システムインテグレーターとは?

システムインテグレータ(SIer)とは、ロボットや専用機を使用した機械システムの導入提案や設計、組立などを行う事業者です。ロボットや専用機の導入を検討する企業の現場課題を分析し、最適な自動化システムを構築するために、様々な機械装置や部品などから必要なものを選別し、システムとして統合するエキスパートです。
さらに、治工具や付帯設備の製作、アフターサービスのメンテナンス、パーツの供給などまで、ソフトウェア・ハードウエアに関係なく、トータル的にサービスを提供している所が多くあります。
一般社団法人 日本ロボット工業会(JARA)、FA・ロボットシステムインテグレータ協会などがあります。
システムインテグレーター(Sier)の業務内容、選定時の確認ポイントについて解説します。

  • システムインテグレーター(Sier)の業務内容

    ①検討・引合
    まずは、ロボット・専用機システムの導入を検討している企業が「どのような作業を自動化したいのか」「設備導入の予算」「導入時期」などの、ロボット・専用機導入の目的を明確化しておくことをお勧めします。
    具体的な運用イメージ、解決を目指す課題などをシステムインテグレータに伝えることで、より生産現場のニーズに合ったものになります。
    ロボット・専用機システムの導入を検討している顧客・企業は、必要な要件をまとめる必要があります。FOODTOWNのヒアリングシートを記入して「自動化虎の巻」ひな型をダウンロードしてご活用ください。
    顧客が求めるイメージと、提案された導入イメージが合致すれば企画構想のステップへと進みます。

    ②企画構想
    システムインテグレータがシステム全体を検討し、ロボットシステムの構想や業務・機能の必要条件を明確にしていきます。
    その後、導入目的や運用イメージなどをまとめ、構想図・見積仕様書を作成します。あわせて、正式見積書を作成・提示し、顧客からの発注を受けて、晴れてプロジェクト化となります。
    また、具体的な情報の提示が必要となるため、この段階で秘密保持契約(NDA)を交わす必要があります。

    ③仕様定義
    2D/3D図面を活用し、システムインテグレータがより詳細な運用イメージを顧客に提示。
    システムの運用イメージ、作業内容・範囲が明確になるため、最も重要なプロセスとなります。
    システムインテグレータが双方の合意資料として、「納入仕様書」や「製作仕様書」を作成。
    また、システムの全体像が明確になるため、見積もりの補正が必要になることもあります。
    ※電気設備仕様書や工事仕様書等もご準備していただくことを推奨します。FOODTOWNのお役立ちシートからダウンロードしてご活用ください。

    ④基本設計・詳細設計
    この段階で基本となるコンセプト設計を行い、システムの方針を明確化していきます。
    あわせて、その後のプロセス「総合テスト」で行う項目を立案します。
    また、自動化設備の安全リスクを明確にし、安全対策について顧客の合意後に設計に反映させます。
    その後、ロボットシステムインテグレータが購入品の手配し、製造に取りかります。
    同時に出荷前テスト仕様を設計し、製造へと移っていきます。

    ⑤出荷前テスト
    出荷前テストでは、詳細設計で立案したシステムの連係動作を確認・検討していきます。
    単体での動作確認を行ったロボットや専用機を組み合わせ、システムとして問題がないか確認していきます。
    システムインテグレータによる出荷前テストの完了後に、顧客・ユーザーとの立会検査を実施。
    検査が完了したら、現場・据え付け先での設置作業へと移ります。

    ⑥総合テスト
    立会検査が済んだシステムを現場へ搬入、設置・調整を行った後、システムインテグレータによる動作検証を行います。
    基本設計時に立案した項目のほかに、テスト環境の問題により出荷前テストで確認できなかった内容を重点的に検証します。

    ⑦ユーザーテスト
    ロボットシステムの本格的な稼働の前に、企業・ユーザーが対象数量を減らして動作確認を行います。
    性能・運用性・信頼性・安全性・メンテナンス性などとともに、不具合発生時の対応方法も確認していきます。
    問題がなければ、晴れて本格稼働スタートとなります。こちらで重要なのが「検収条件」を明確にしておくことです。

  • システムインテグレーター(Sier)のトラブル事例と事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    生産現場との認識があった。
    修正するために予定より費用がかさんだ。
    停止が頻発する事から自動化の価値が見出せなかった。
    トラブル時の対応が悪かった。

    原因①
    事前の確認不足。
    承認図面でのやりとりをしていたが、段替え部の詳細は図面ではわからず実際の機械を見てからしかイメージが出来ていなかった。
    ユーザー側の要求(段取り替え時間や重量)も明確ではなく、細かなところの確認はおろそかになっていた。
    原因②
    外注に頼む場合、人が変わることも多く、内容が引き継がれていない。
    車で片道3時間かかり、地理的にシステムインテグレーターが遠いことも対応が遅くなる。

    対策①
    設備の仕様、スペック選定を行う際に選定ポイントを加味して選定することと合わせてワークサンプルで検証を繰り返し実施し、確認を行う。
    検証結果を記録しておく。
    対策②
    電気・ソフト設計を含め工程を内製しているか、地理的に近いか、万が一の対応を依頼できる信頼関係があるかを重視する。

  • システムインテグレーター(Sier)インテグレート価格について

    ロボットシステムインテグレーターの場合は、ロボット本体価格の約2倍~3倍の費用を想定しておく必要があります。
    ロボット本体価格500万円の場合、システムの内容にもよりますが、インテグレート費用は約1000万円~1500万円となります。
    インテグレート費用の中には、ティーチング費用やプログラミング費用、設備設置費用、検証費用等が含まれています。
    ※上記価格はインライン(ラインの途中にロボット・専用機システムを組み込む)での配置を想定しています。
    ※実際の前後工程の仕様やラインレイアウトにより導入価格は変動します。

FOODTOWNで
自社の課題をヒアリング
シートに入力して
解決しましょう!

補助金コンサルティング・ラインビルダー・Sier(システムインテグレーター)の商品種別から他の解説記事を探す