FOODTOWNアドバイザー給袋包装装置を徹底解説!

給袋包装装置とは?

給袋包装機とは、あらかじめ成形されたパウチを包装機の袋供給レール部分に供給し、包装機内で製品の充填密封シールを行うだけでなく、賞味期限や製造番号の印字捺印、印字検査まで可能な設備です。

お菓子で採用されているチャックシール(ジッパー)付きのパウチや、冷凍可能な飲料、詰め替え用シャンプーで良くみられるスパウト付きのパウチなど幅広く採用されています。
対象製品もドライ製品だけでなく、ウェット用、スパウト袋用と多様な包材、製品に対応可能な設備です。
給袋包装機の種類、包装原理、選定ポイント、トラブル事例を解説していきます。

  • 給袋包装機の種類、原理、使用用途について

    給袋包装機の動作原理
    給袋包装機は包装する製品や包装する袋のタイプによってオプション機能はあるものの基本的には以下の動作工程を経て包装されていく流れの設備です。

    ①包材供給:予め成形された包材を給袋レールに供給します。

    ②給袋工程:給袋レールに供給された包材を1枚ずつ取り出し、包材を搬送するアームに供給します。

    ③印字工程:賞味期限を印字します。(印字捺印装置はインクジェットプリンターが多く採用、別ページで解説有)

    ④検査工程:前工程で捺印した賞味期限印字の文字欠け、文字かすれの異常がないか画像検査します。

    ⑤袋開口工程:製品を充填する袋の開口を行います。袋タイプによってチャックシール、底面マチ部分の開口も行います。

    ⑥充填工程:別工程にて計量された製品を充填します。(計量方法はコンピュータスケールやマス計量等複数あります)

    ⑦均し工程:包材搬送アームを左右に揺らす、包材底面をタッピングして充填された製品を袋内で均します。

    ⑧脱気工程:袋内に入っている余分な空気を脱気します。脱気することで包材シワがなくなりシールを綺麗にします。

    ⑨シール工程:袋上部をヒートシールして接着します。シール温度は包材材質によって異なります。

    ⑩冷却工程:ヒートシールで接着後、シール面シワのばしのため冷却を行い、次工程へ送り出します。

    給袋包装機の使用用途
    ドライ製品:お菓子、シリアル、ふりかけ、冷凍食品、ペットフードなど
    ウェット製品:レトルト食品、ソース、液体洗剤など
    真空包装製品:総菜、漬物、つくだ煮、肉加工品など
    スパウト袋製品:液体洗剤、ゼリー飲料、冷凍可能清涼飲料、調味ソースなど

  • 給袋包装機価格について

    給袋包装機本体参考価格で約1500万円~2500万円となります。
    上記の通り、供給する袋の仕様や材質でステンレス仕様、フェニックス塗装仕様、印字検査、嚙み込み検査などのオプションにより価格は変動します。
    その他、設備搬送費用、設置工事費用が別途必要になります。

  • 給袋包装機選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    給袋包装機を選定する際は、供給する袋の仕様や寸法、充填製品の特性を基準に検討を進めていきます。
    ・ガス充填システム仕様
     充填する製品で、酸化や劣化速度を抑制するためにガス充填を行う仕様

    ・中袋対応仕様
     一般的な個包装よりもサイズの大きな中袋(幅300㎜前後)対応仕様

    ・チャック付きガゼット袋仕様
     袋上部に開封後保存用チャックシール付き、袋下部にガゼット(マチ)付き袋対応仕様

    ・水洗い仕様
     給袋包装機内を水洗いでき、衛生面向上仕様

    袋を供給して上記動作原理の基本的構造は大きく変わりませんが、様々な袋タイプに合わせて
    仕様が変わっていきます。

  • 給袋包装機導入後のトラブル事例と事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    給袋包装機のヒートシール部分でシールブロックに製品クズが付着してシール強度が落ちていた。

    原因①
    剥離性を高めるコーティングなど施していない為、ヒートシールブロックに製品クズが付着しやすくなっていた。
    原因②
    生産立ち上げ時、定期的頻度で製品確認を行う運用ルールは決まっていないため発見が遅れた。

    対策①
    予防対策でヒートシールブロックにはテフロンなど耐熱性のあるコーティングを施す。
    対策②
    定期的にヒートシールブロックの掃除を行う。
    ワイヤーブラシで行うがコーティングを行えば軽度の掃除で済む。
    対策③
    製品確認を行う頻度を決めて運用する。トラブルが発生した際は、
    前回製品確認時間までが最大汚染範囲として限定根拠となる。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 充填・包装・ケーサー
  • 給袋包装装置

竪型袋詰真空包装機 FVV-10-220NⅢ 10-220NⅢ-L

<製品の特長> ・袋詰部と真空部を分けた2ローター式です。袋詰部は品物を入れ易くするため間欠移動をし、回転半径の大きい真空部は連続回転します。 ・機械操作はタッチパネル方式を採用し、最大100品目(アイテム)のプリセットを可能にしました。チラつきの少ない表示部で機械速度、温度調整、真空度、充填液量等をアイテムに呼び出すだけの簡単操作で設定、変更できます。その他、トラブル発生箇所の表示(自己診断機能)やその原因・対策の表示、カウンタ・アワーメータ搭載によりプリセットカウンタやメンテナンス時期のお知らせ等、多彩なモニター機能を実現。またリアルタイムでの真空度や温度の表示も可能となり、システムアップする事によって、HACCP対応の管理システムをサポートします。 ・フィルムリサイクル機能が標準装備で空袋のロスを減らします。 ・自動計量機、投入機との連動ができます。 ・給油箇所へは集中配管で、給油できるようにしています。(一部外給油) ・袋詰部(爪幅)の調整はスイッチで変更できます。真空ボックス内の調整は通常不要です。 ・設置場所のライン優先でレイアウト可能な逆回転タイプFVV-10-220NⅢ-Lもシリーズ化しました。 ・真空ボックスは樹脂製です。また透明部を通して内部の状態が確認できます。 ・真空ボックス内は水洗い可能です。 ・タイミング調整は、電子カムでできます。 ・ヒーターが断線すると警報が出て、機械が停止します。 <製品の仕様> 能力(袋/分) 10〜45 使用可能袋 /幅×長(mm) 80〜220×150〜300 ※能力は品物・真空ポンプにより異なります。

解決できる課題

  • HACCP対策
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 充填・包装・ケーサー
  • 給袋包装装置

ノントレー包装機 NTP-UNI

トレーを使わない簡易包装でありながら、美しい包装を実現します。トレー包装作業時間の削減や作業性向上、さらには容器包装リサイクル費用の削減やCO2排出量の削減に大きな効果があります。また、お客さまにも充実した利便性を提供します。 <商品の特徴> 首都圏を中心にゴミ袋の有料化が進み、ゴミはできるだけ減量、減容したいニーズがあります。トレー容器は発泡スチロールですので軽量化されているものの容積が大きくどうしてもかさばってしまう現状があります。この課題を解決する方法として、トレーを使わず、かつ自動で包装するノントレー包装機を開発しました。 トレーはリサイクル対応が進んでいます。しかしながら単身世帯、ご高齢の世帯が増えている状況、スーパーマーケット店頭のトレー回収ボックスに持っていくことができない世帯向けの商品ラインアップとしてノントレー商品の陳列が求められています。これらのお客さまにノントレー商品の品揃えがお店の付加価値を高めることにつながります。イシダは付加価値を高める商品の生産において自動化でお役立ちします。 ノントレー化した精肉、鮮魚の商品に対するお客さまのアンケート結果では、ごみの減量、減容ができることにプラスして、冷蔵庫の中や買い物のときのレジ袋、トートバックの中がかさばらないこと、そのまま冷凍できることにご評価をいただいています。 ■包装スタッフにも優しいかんたん操作で、10パック/分の高速包装が可能 ステップ1)盛り付け LEDで表示された範囲内に、盛り付けながら商品を載せます。 ステップ2)包装 両手を非接触センサーにかざし、包装動作をスタートさせます。 ステップ3)計量・値付け 包装した商品を自動計量された後、発行されたラベルを手貼りします。 ■ノントレーでも美しい包装で購買意欲を刺激 商品を盛り付けたフィルムをそのまま移動させて、やさしく包むように包装します。そのため、盛り付けの崩れを最小限にし、美しい盛り付けのまま包装できます。しかも機器に食品が接触しないので、どちらも清潔で衛生的です。

解決できる課題

  • SDGS対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 自動化
  • 省エネ対策
  • CO2削減

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!