FOODTOWNアドバイザー

封函装置徹底解説!

封函装置とは?

封函機とは、製品を箱詰めした後の段ボール上下面にテープを貼り、箱に封をする装置のことをいいます。封函方法としてテープでの封函以外にホットメルトと呼ばれる糊で封函する方法もあります。
また、水湿性ガムテープを使用し切手、収入印紙などのように水で湿らすことで貼る(粘着させる)ことが出来るテープで封函する機械もあります。保管が低温(マイナス)から高温の環境でも剥離しない、わざと開封痕が残すようなメリットもあります。
上下貼りや封函用テープの貼り方、箱の対応サイズ、前後工程との連結など様々な仕様があります。

封函処理箱の数、サイズの種類、ケースも段ボールだけでなく、発泡スチロールに対応しているものもあり、現場の温湿度などの作業環境や封函する内容物などによっても最適な仕様は変わります。
封函機の種類、選定ポイント、トラブル事例について解説します。

  • 封函機の種類、原理、使用用途について

    ・半自動、全自動
      半自動:工程のうち、何らかの作業を人手で行わなう必要があるタイプ
      全自動:段ボールの取り出し、組立、テープ貼り、全ての工程を自動で行うタイプ

    ・ケースサイズ調整
      ケースのサイズを自動で認識するタイプと、
      手動のハンドル操作によって調整するタイプに分かれます。
      1サイズのロットが少なく、頻繁にサイズ変更が発生する場合は自動、
      サイズ変更が少ない場合は手動のハンドル操作のタイプが向きます。

    ・上下貼り
      ケースの上下両方にテープを貼る機能です。
      製函と封函を同時に行う事が可能です。

    ・I貼り、H貼り
      I貼り:中心にテープ1本で留めるもの。作業効率が高く、資材の消費も少ない。
      H貼り:中心と両端を留めるもの。強度が高く、重量のある商品を詰める場合に向く。
      

  • 封函機の価格について

    封函機の本体価格を決める要素として、封函処理能力、封函方法(テープ貼り、ホットメルト)、
    封函物搬送方法(ベルト搬送、アタッチ搬送)などとなります。
    本体参考価格として処理能力10~20ケース/分とした場合、テープ貼り封函仕様で約360万円~ホットメルト封函仕様で約450万円~となります。
    本体のみの参考価格であり、装置運搬費用、設置工事費用などは別途かかります。

  • 封函機の選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    ・選定のポイント
      作業量:
       作業量が多い場合はもちろん全自動タイプが向きますが、
       作業量が少ない場合は導入コストが安い半自動タイプのほうが費用対効果に優れる場合があります。

      内容物、重量:
       密閉性が求められる場合、重量が重い場合、箱に強度が必要な場合はH貼り、
       そうでない場合は一般的なI貼りタイプを利用します。

      処理能力:
       機種ごとに時間当たりの処理量が明示されています。
       工場の生産量、生産速度、ストックの大きさに合わせて選定します。

  • 封函機導入後のトラブル事例と事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    段ボール接着方法でホットメルトを用いているが、接着が弱くフラップが開いてしまう製品もある。

    原因①
    ホットメルトのモジュール先端のノズル詰まりを起こし、糊の吐出量が少なくなっている。
    原因②
    ホットメルト糊の吐出量が減少した、または吐出しなくなった場合の検出方法が設置されていなかった。

    対策①
    生産立ち上げ前にホットメルト糊の突き出しを行い、吐出量の確認を行う。
    対策②
    ホットメルト糊のビートを温度センサーで検出するなど、異常や変化を検出する方法を設置する。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

  • 充填・包装・ケーサー
  • 封函装置

FCA160/120型(オートマチックダブルクリッパー)

FCA160型は無類の多機能性を提供する自動クリッパーで、プラスチックケーシングの場合は充填径160mm、ファイバラス及びコラーゲンケーシングの場合は充填径120mmまで、 (但し、ケーシング厚さにより異なる)結紮出来ます。 クリップはR-IDクリップのサイズM、L、XLを使用します。 FCA120型は200回/分を上回る結紮能力を持ち、ファイバラス及びコラーゲンケーシングの場合は充填径65mmまで、プラスチックケーシングの場合は充填径120mmまで結紮可能です。 R-IDクリップサイズS又はMを使用することで、最大の汎用性をもたらします。 【特徴】 ◯FCA160型  充填径:38~160mm  結紮能力:最大160回/分(諸条件により異なる) ◯FCA120型  充填径:24~120mm  結紮能力:200回/分 (諸条件により異なる) ◇自動工程自己監視システムが最大の生産性をもたらします。 ◇最適な定量分離と製品両端に張りを持たせ、スライス枚数を増加させる。 ◇集中注油システムが最大の信頼性と耐用年数をもたらします。 【利点】 ◆自動工程自己監視システムが最大の生産性をもたらします。 ◆ボイディングセパレーターの開口サイズと結紮圧力がサーボ制御されて、製品パラメーターに基づきセーブされます。 ◆R-IDクリップは、ケーシングにも依りますが、耐細菌レベルに達するまでの、より密閉性の高い結紮をもたらします。 ◆リニア縦型ボイディングセパレーターが均一なシゴキヒダと清潔な製品両端を作ります。 ◆堅牢性と長い耐用年数は、ハイテク材料に依り保証されています。 ◆無段変速と連続モードが最大の汎用性をもたらします。 ◆タッチパネルの簡単な操作で、プログラムメモリーから製品パラメーターを呼び出すことが出来ます。 ◆工具なしでクリップスペーサーの交換が出来ます。 ◆両手で同時に2箇所のスイッチを押さなければ始動しませんので安全です。 ◆製品径は最適なコンベアスピードにより決定されます。 ◆エア混入のない余裕結紮長さは最大110mm又は80mm。 ◆圧縮空気作動のスイング-OFFとスイング-ON機能により操作容易。 ◆格納式ステアリングバーと車輪により移動容易。 ◆スイッチボックスは完全密閉。 ◆ノイズレベルが低い。 ◆平坦な表面仕上りの為、洗浄容易。 ◆主要部は総ステンレス製である為、強い洗剤溶液にも耐えられます。 ◆外側カバーのスイング-OFF構造によりメンテナンスも容易。

解決できる課題

  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • 充填・包装・ケーサー
  • 封函装置

FCA50型(オートマチックダブルクリッパー)

FCA50型は最大300回/分の結紮能力を持ち、人工ケーシング、セルロースケーシングの場合は充填径18~38mmまで、プラスチックケーシングの場合は材質と充填する製品によって異なりますが、充填径は最大50mmまでとなります。 【特徴】 ◇充填径:18~50mmの細物用。 ◇結紮能力:最大300回/分(諸条件により異なる)。 ◇清潔で短いソーセージ両端と密閉性の高い結紮をするR-IDクリップXSを使用。 【利点】 ◆連続運転モードと無断変速(スタートからストップまで)が最大の生産性をもたらします。 ◆自動工程自己監視システム。 ◆クリップサイズとダイ(金型)を検知し、間違ったセッティングを防止。 ◆R-IDクリップはケーシングにもよりますが、耐細菌レベルに達するまでの、より密閉性の高い結紮を行います。 ◆ボイディングセパレーターがソーセージ両端に張りをもたせ、短く清潔な製品両端を作ります。 ◆堅牢性と長い耐用年数は、ハイテク材料により保証されています。 ◆タッチパネルの簡単な操作でプログラムメモリーから製品パラメーターを呼び出すことができます。 ◆両手で2か所のスイッチを押さなければ、始動しませんので安全です。 ◆電気式ハンドルによる調整とパラメーターの設定。 ◆スイッチボックスは完全密閉。 ◆主要部は総ステンレス製である為、強い洗剤にも耐えられます。 ◆平坦な表面仕上げの為、洗浄容易。 ◆一体型前輪がありますので、メンテナンスも容易。 【技術データ】 幅 1,310 mm 奥行き 930 mm 高さ 1,795 - 1,970 mm 重量 380 kg 電源 3相 200-230V, 380-460V, 50/60Hz 電気容量 2.8 kw ヒューズ容量 16 A 圧縮空気 6-7 bar/0.6-0.7 Mpa 消費空気量 1.6 NL/cycle 使用クリップサイズ R-IDクリップ XS 04-100, 05-100 R-IDクリップ XS 06-100, 06-150 しごき間隔 16 mm

解決できる課題

  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 充填・包装・ケーサー
  • 封函装置

シングルクリッパー SPR465L,SPR475L

米国ティッパータイ社の豊富な経験とすぐれた商品開発能力によって生まれた新型クリッパーです。 ロースハム、ボンレスハム、ターキーロール熟練の必要などを作る際、その力を発揮し動力の必要なく確実に結着するよう結紮できます。プレスタイにはファイバラスケーシング、プラスチックケーシング、メリヤスネットなどが使用できます。 【特長】 ・オールステンレス製のため、錆にくく耐久性にも優れています。 ・ゲートを締めると自動的にシーケンスを引っ張ります。 ・シンプルで使いやすくメンテナンスも簡単。 ※ロングシリーズタイプもございます。 ・プレスハムやチーズなど、筒状の袋に詰めたものをギュッと固く絞って結さつします。 密度が高くなり、断面が滑らかな仕上がりになります。 【機械仕様】 型 プレスタイ型 操作 圧縮空気- ゲート操作による半自動 材質 ステンレススチール 機械サイズ  ●SPR465L        L350mm×W1050×H730mm        (製品トレー含まず)       ●SPR475L        L350mm×W1650×H730mm        (製品トレー含まず) 機械重量 37kg / 40kg(製品トレー含まず) 付属品 エアー3点セット, カプラー付ホース 空気圧力 80psi(5.5bars) クリップ装填数 160 個 使用クリップ 400G , 401G , 451T

解決できる課題

  • 品質向上
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!