FOODTOWNアドバイザーチラー装置を徹底解説!

チラー装置とは?

チラー装置とは、水をはじめとした液体の温度をコントロールするための機械の名称です。チラーを使うことで液体の温度を調整することが可能になり、一定の温度を保てるようになります。チラーは「chill」という英語が語源です。液体を冷却し、温度調整できる機械の総称をチラーと呼んでいますので、たくさんの種類のチラーが存在することになります。
食品製造現場では、包装機器のヒーター後の冷却工程で使用していたり、品温をコントロールするためにタンク周りのジャケット水にチラー装置で冷却した水を使用して品温を下げるといった使い方をしています。
チラー装置の種類、原理、トラブル事例について解説します。

  • チラー装置の種類、原理、使用用途について

    ・チラー装置の種類は、大きく2つに分類されます。
    空冷式と水冷式が主流になります。
    空冷式はファンを使って液体を冷やしファンで外気を取り込むことで、温度調整をする仕様です。
    一方で水冷式は外気ではなく、水を循環させることで冷却を行います。基本的には空冷式よりも効率が良く、ファン特有の騒音などもないため、性能面ではより優れていると言えます。
    チラーが使われるのは産業機械が中心です。産業機械に限ったことではありませんが、多くの機械は動作するために熱を発します。
    この熱を処理しないと機械内部がどんどん高温になっていき、誤作動や故障の原因になる恐れもあります。
    そこでチラーを使って機械を冷やし、適切な温度を保つことになります。

    ・チラー装置の原理
    チラーの原理は非常に単純なもので、空冷式なら外気、いわゆる空気を使います。水冷式なら身近な水道水をはじめ、水を中心とした何らかの液体を使って冷却を行います。
    水冷式で使われる液体の種類は多く、水道水の他にも脱イオン水や、蒸留水、軟水などもあります。
    さらに不凍液やエタノール、メタノールといったアルコール系の液体が冷却に利用されることもあります。
    基本的な原理としては、外気もしくは冷却用の液体を、機械を使って循環させます。たとえば水を貯めておくタンクがあり、そのタンクから対象の産業機械に水を流し込み、その水で熱交換を行う形です。
    冷えた外気や水が循環することで、温度の上昇した液体を冷やすことができます。
    また、対象の液体を冷却するだけでなく、逆に温度を上げることも可能です。チラーの目的は温度を一定に保つことです。冷えすぎた液体の場合は、チラーを使って温度を上げるケースもあります。
    チラーという名称からは冷却のみが行えるようなイメージを持ちますが、温度を上昇させる用途もあります。

  • チラー装置価格について

    チラー装置の価格は循環させる水量や、温調したい温度域、幅により選定機種が異なります。
    卓上型の小さいサイズの機種は約30~70万円、工場で使用する中型、大型のチラー装置で約60万円~200万円前後となります。
    本体のみの参考価格であり、装置運搬費用、設置工事、配管工事費用などは別途かかります。

  • チラー装置の選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    チラー装置の選定ポイント
    ・チラーを利用する用途を明確にする。
    チラーの種類、使用する液体の種類など様々な仕様があることから用途を明確にして機種機種選定する必要があります。用途、使用条件に合わせて機種選定を行わなければ、想定した効果を得られない、さらにトラブルに発展するケースも考えられます。

    ・メンテナンスの簡便性
    基本的には機械装置でメンテナンスが一切発生しないものはありません。装置を導入した後に、管理していくうえでメンテナンスの内容、メーカーのアフターフォロー体制なども加味したうえで機種選定を行うことが重要です。導入時の費用で装置本体価格のみで判断することは避けるべきです。

    チラー装置導入時の確認ポイント
    ・チラー装置を利用する工程
    大量の冷水を必要とする工程(魚や野菜などの一次処理工程など)では、必要な水温と水量が確保できるかを確認しておくことが必要です。使用現場の条件を整理してメーカー、機選定を行います。

  • チラー装置導入後のトラブル事例・事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    チラー装置導入後、チラー水の冷却が弱くなり温度が少しずつ高くなってきた。

    原因①
    チラー装置冷凍機吸気のフィルターが目詰まりしている。
    原因②
    チラー装置を循環しているチラー水の入れ替えを行っていない為、循環経路内に汚れが堆積している。
    原因③
    装置導入後のメンテナンス作業が実施できていない、保全計画に組み込まれていない。

    対策①
    フィルターの清掃、チラー水の入替え、循環経路の清掃を行う。
    対策②
    保全計画に組み込み、予防保全計画を立てて実行していくことで不具合を予防する。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • チラー装置

大型水槽付DCインバータチラーRKE-Bシリーズ(空冷・水冷)(12.2~48.0kW)

業界トップクラスの省エネ性能を実現 ●冷却能力(空冷)    12.2~48.0kW (50/60Hz) ●冷却能力(水冷)    14.1~48.0kW (50/60Hz) ●使用周囲温度範囲   -20~45℃(空冷)             2~45℃(水冷) ●使用液温度範囲    3~35℃ ●温度制御精度     ±0.1℃ 特長 1.使用周囲温度範囲のワイド化   夏は50℃(アクセサリー(別売品))まで耐えられる過酷条件仕様としました※1。   熱風のたまりやすい工場内でも最大のパフォーマンスを発揮します。   さらに、冬は-20℃までOK※2となりましたので、寒いエリアでも安心して屋外設置が可能です。 ※1:RKE15000B-VWを除く ※2:空冷機のみ。凍結防止モードの設定が必要です 2.使用温度範囲(液温)のワイド化   使用温度範囲(液温)を3℃~35℃と低温域をさらに広げました。 3.ポンプもインバータ駆動   ・冷凍機・ファンに加え、ポンプもインバータで駆動   ・ポンプの制御方法が選択可能 4.インテリジェントタッチパネル   各種設定や運転状況が視覚的・感覚的に画面にタッチする事で操作・確認が出来ます。   英語・中国語への切替えも可能です。 5.低音・静音設計   冷凍サイクル最適化制御運転により、ファンをインバータで理想的な回転数に制御。   大幅な低運転音を実現しました。 6.パソコン・シーケンサで操作と確認が可能   制御プログラムにより、用途にあわせて通信機能が活用できます。 7.海外規格対応   CE マーキング対応機もあります   その他海外規格   要望はホームページよりお問い合わせください

解決できる課題

  • 経費削減
  • 品質向上
  • 省エネ対策
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • チラー装置

ブライン冷水ユニットCB-A

ブライン冷水ユニットCB-A 型式 CB-30A・40A・50A・60A 冷却能力:56.08~117.83kW(1℃時) 特徴 低温冷水の安定供給 熱交換出口の循環水温度が約1℃となるようにブライン循環流量を制御し、低温冷水を安定供給。 新冷媒R32(GWP675)の採用で地球温暖化の影響を大幅に削減 従来モデルの冷媒R410Aに比べて、地球温暖化係数(GWP)が約1/3の新冷媒R32を採用、地球温暖化の影響を押さえることができ、環境負荷を低減。 省エネ性の追求 冷水・ブライン循環ポンプにインバータ(INV)制御を採用し、周波数を制御することで冷却運転中のポンプ消費電力を低減。さらに省エネ化を図るため、設定の目標冷水温度に達成すると、チラー、ブライン循環ポンプを停止させ、陽圧を維持しながら冷水循環ポンプの周波数を低減させる省エネ運転を搭載。 省スペース設置 熱交換器ユニットとして、制御盤・熱交換器・ブラインタンク・ブラインポンプをパッケージ化したことで、従来の現場組み方式のシステムと比較して、設置面積は約21%削減可能。

解決できる課題

  • HACCP対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 省エネ対策
  • 生産効率改善
  • 温湿度管理

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • チラー装置

アイスウォーターチラーシステム

24時間連続して運転し、1℃台冷水を供給することが出来る食品冷却システムです。 冷水供給中でも常時冷水生成しておりますので、24時間安定して低温水を供給する事ができます。 【1℃台冷水の多量供給が可能です!!】 必要な水量に合わせてチラーの容量選定が可能です。 24時間運転し1℃台の冷水を作るシステムがアイスウォーターチラーシステムです。 <メリット> [1]24時間365日稼動 24時間365日、安定した1℃台の低温水を供給できます。 [2]凍結事故リスク大幅低減 冷水供給をしない時でも、熱交換器内に冷水が残存しない為、凍結事故の心配はありません。 [3]安全性の高い不凍液を使用 食品添加物を主成分とするブラインを採用しており、万が一の凍結事故の際にもリスクを最小限に 抑えます。 <製品の特長> 特長 その1)0.7~2.2℃の冷水を供給 特長 その2)コア技術を活かしたブラインチラーユニット使用 特長 その3)環境に配慮した省フロンシステム 特長 その4)熱交は凍結に強い伝統的なSUS製シェル&チューブ搭載 特長 その5)インバーター制御による省エネ <用途> ・製麺、仕込み水の冷却、茹で麺の冷却 ・カット野菜、カット後の洗浄冷却 ・乳業、原乳の加工工程の冷却 ・清涼飲料、原料水、添加水及び製品の冷却 ・醸造、清酒醸造用仕込み水 ・豆腐、ホットパック豆腐、豆乳の冷却 ・漬物、調味液、製品の冷却、発酵槽の温度管理 ・製パン、パン生地の灌水冷却 ・製菓、原料用灌水冷却、原料浸漬液の冷却 ・畜産物、ハム、ソーセージなどの漬込み冷却 ・薬品、製造工程の冷却、反応熱除去 など <製品ラインナップ> 30馬力/40馬力/50馬力/60馬力/80馬力/100馬力

解決できる課題

  • HACCP対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 自動化
  • 省エネ対策
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • チラー装置

大型水槽付ACインバータチラー RKE-Aシリーズ(空冷・水冷)(57/60kW)

●冷却能力         空冷式:57/60kW (50/60Hz)        水冷式:57/60kW ●使用周囲温度範囲     -5~43℃(空冷)               2~43℃(水冷) ●使用液温度範囲      5~35℃ ●温度制御精度       ±0.5℃ 特長 1.圧縮機インバータ制御   最大57%※の省エネ制御を実現 2.圧送ポンプ内蔵   お客様装置(クローズ回路)に送水するため圧送ポンプを内蔵しています。 3.独自技術による高精度な液温度制御が可能   液温検知による圧縮機回転数制御により設定温度±0.5~±1.0℃※の制御を実現。   ※負荷条件により変動しますので、高精度が必要な場合はご相談ください。 4.広範囲な液温度制御が可能   5~35℃の範囲で液温設定が任意に可能。 5.外部信号端子   運転信号端子、警報信号端子、遠隔操作端子を装備しました。 6.PX4相当   屋外設置が可能です。直射日光、強風(8m/s以上)、積雪及び凍結に対する配慮は必要となります。   IPX4とは、水の侵入に関する等級の事で、   「いかなる方向から、約10L/minの水量で飛沫しても有害な影響を受けない」程度の等級です。 7.リモコン対応可(オプション)   本機で行える全ての操作が、リモコン(オプション)の設置で遠隔操作できます。

解決できる課題

  • 経費削減
  • 品質向上
  • 省エネ対策
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!