FOODTOWNアドバイザー配管・継ぎ手関連を徹底解説!

配管・継ぎ手関連とは?

配管・継ぎ手関連は食品製造に用いられる各種流体・冷却水・温水・廃液・空調排気など次の製造工程へ搬送したり、工場内全体に敷設する用途として使われています。また製造ラインだけでなく、工場内の食品加工機械には電源を接続するだけで動作する機械もありますが、多くは蒸気、水およびエアー源などを必要とします。
それも配管を通して供給されることとなり、その配管・継ぎ手の材質、形状も多岐に亘ります。

  • 配管・継ぎ手関連の種類、原理、使用用途について

    食品工場における配管・継ぎ手の材質はSUS材(ステンレス鋼)が多いです。
    ① 耐食性に優れている
    ② 鉄・鋼より強度が高い
    ③ 溶接加工ができる
    ④ 磁性を帯びない種類がある
    ⑤ 難削材であるなどが挙げられます。
    また食品・製薬工場では一般的な配管とは異なりサニタリー配管が採用されます。サニタリー配管とは
    コンタミや液溜まりによる腐食を避けるというメリットがあり、食品工場で使用されることが多いです。

  • 配管・継ぎ手関連 導入価格について

    配管・継ぎ手関連の導入価格は1個単価数千円の継ぎ手から1セット数十万の価格帯が多くなります。
    配管はサニタリー配管仕様やジャケット配管仕様である場合、配管の経路、長さ、取り回しによっては100万円を超える導入価格になる場合もあります。
    生産品種切替が頻繁に行われるような製造現場では配管を予備として購入しておくことによって、時間のかかる配管の洗浄を合理化している工場も多数あります。

  • 配管・継ぎ手関連の選定ポイント、導入時の確認ポイント

    工場内、製造現場全体へと張り巡らせるようなコンプレッサーからの圧縮エアを送るエアー配管やボイラー室から蒸気を送る蒸気配管などはほとんど自社で選定することはありません。自社で配管や継ぎ手を選定する場合として、充填機や混合機などの周辺配管をサニタリー配管へ変更する場合があります。

    その際の選定ポイントとしては
    ①洗浄しやすい形状であるか
    品種切替や生産終了後に配管を洗浄することも多いため複雑な形状であれば、切替前品種が残ったままで異品種混入やコンタミネーションの問題がでる可能性があります。

    ②脱着しやすい仕様であるか
    品種切替や清掃の際に脱着が容易な形状でなければトラブルのもとになる可能性があります。洗浄後に再度組付けを行う際に配管にズレなどがあれば輸送物の液漏れなど製品のロスに繋がります。

  • 配管・継ぎ手関連 導入後のトラブル事例と事前対策ポイント

    トラブル事例
    食品加工・調理工程で加熱殺菌を行うため、蒸気配管が通っているが蒸気が噴射し火傷の労災が発生した。

    原因①
    蒸気漏れ、水滴の滴下など初期不具合時に対応ができていなかったため、穴が大きくなり労災に至った。
    原因②
    包装機などの点検や不具合対応は行うようメンテナンス計画が組まれていたが、エアや蒸気の配管点検は行っていなかった。

    対策①
    初期不具合時の応急対応として補修用テープを巻くことなどで対応しておく。放置しないことを徹底する。
    対策②
    ユーティリティ設備やインフラ周りの点検も網羅して点検表を作成する。ユーティリティ設備が正常に
    稼働しなければ生産活動ができないためメンテナンス計画に組み込む。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 配管・継ぎ手関連

400万サイクル超のOn/Offに耐える、長寿命バルブ

【長寿命 最高180℃ 蒸気も対応のOn/Offバルブ Type2000】 ビュルケルトのアングルシートバルブType2000は ■400万サイクル超のOn/Offに耐える、高耐久&長寿命の実績があります(流体:水の場合) ■500万サイクル動作後の計装エア漏れゼロの実績(アクチュエータ単独) 上記実績をもつ長寿命バルブです。 《製品の特長》 ■初めから、専用自動弁として設計されている。/ 汎用的な自動弁は、手動弁にアクチュエータを乗せた構造です。そのため、手で動かすところを機械(アクチュエータ)で無理矢理動作させ、構造的に無理な力がかかるので、どうしても寿命が短くなってしまいます。(手動型アングルシート弁は、全く別のものとして設計されています) ■長寿命/高耐久性能は、お客様の使用実績に現れています。 ■熱耐久性に優れる / スチーム(水蒸気)、温水での長寿命/高耐久が、特に優れています。 ■バルブ本体(配管部)から、アクチュエータ・バルブ摺動部を外すことができる。そのため、メンテナンスが簡単です。写真の通り、オプションも豊富です。また、開度メモリ付き手動弁もあります。 《仕様》 長寿命・高耐久 空圧弁の「アングルシート弁」です。 ボディ材質:ステンレス(SUS316相当)とブロンズ(青銅)の2種類がお選びいただけます。 口径:15A〜65Aです。(65A〜100Aは、グローブ弁にて対応可能です) 接続:Rcネジ/突合せ溶接/ヘルール/JISフランジ(欧州/北米仕様も可能)から、お選びいただけます。

解決できる課題

  • 品質向上
  • 省スペース
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 配管・継ぎ手関連

STOP蒸気漏れ! 蒸気用バルブType2000

【STOP 蒸気漏れ!100万回の動作サイクルでメンテナンスフリーを実現したプロセスバルブ。核心を少しだけお見せします!】 『Type2000』は、独自の内部構造により、蒸気ライン、熱交換器、SIP/CIPユニット等の開閉頻度が高く過酷な環境でも長期間安定して使用できるアングルシートバルブです。 動作にグランドパッキンの摩耗を極限まで抑えた“スプリングリターン式”を採用しており、増し締め作業やパッキン類の交換といったメンテナンスが不要。400万回の動作サイクルに耐えられ、蒸気ラインでも100万回の耐久寿命を誇ります。 また、高耐食かつ軽量な樹脂製アクチュエータを使用しており、システムの軽量化・省スペースにも貢献。予防保全へ投資する前に、そもそもメンテナンスフリーでIoT技術泣かせのバルブを導入してみるのはいかがでしょうか? 《製品の特長》 ■400万回の開閉に耐える独自構造 ■高耐食かつ軽量な樹脂製アクチュエータを使用 ■蒸気(最高180℃)、水、洗剤(CIP)、水素・空気等、様々な流体に対応 ■リミットスイッチ、直付電磁弁など豊富なオプション 《仕様》 口径:10~65A ボディ材質:ステンレス(SUS316相当)/ブロンズ(青銅) シート材質:PTFE 流体温度:-10~+180℃ 締切圧力:0~1.6MPa 操作エア圧力:0.4MPa~ アクチュエータ材質:標準…PA(~60℃)、高温仕様…PPS(~140℃) 接続:Rcねじ込、突合せ溶接、サニタリクランプ、JISフランジ 重量:25Aねじ込み仕様で約2kg 《その他の特長》 ■ウォータハンマー減少が起こらない構造 ■目視用のインジケータ標準搭載 ■いざというときの漏れ知らせ穴

解決できる課題

  • 品質向上
  • 省スペース
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 配管・継ぎ手関連

セーフティーリレー対応ソレノイドバルブ(エア制御)

【セーフティーリレーに対応したソレノイドバルブ 作業員の安全を電磁弁(計装エア制御)で守りませんか?】 高耐久、長寿命の電磁弁/プロセスバルブを提案してきたビュルケルトは、安全性にも最善となる提案をいたします! 《製品の特長》 ビュルケルトは、これまでプロセスオートメーション専用の計装エア制御電磁弁をご提案してきておりますが、この度、従来の長寿命構造を維持したままセーフティーリレーを個々に組み込める電磁弁を開発いたしました。 ●個々の電磁弁にセーフティーリレーによるシャットオフ機能を組み込める設計により、計装エア制御の面から、最新のMachinery Directive EU ISO 13849(EU域内機械指令)に対応可能 ●本機構は、個々の電磁弁への通電を完全に断ち切る仕組みであり、シーケンサでのプログラム上の安全措置、I/Oユニットやシーケンサの通信状態に依存せず、セーフティーリレーに直接接続&電磁弁シャットオフ ●必要な計装エア制御部のみに、本電磁弁を採用可能 ●ドイツ特許取得済み製品 ●ビュルケルトのプロセスオートメーション専用の制御機器”AirLINE/AirLINE quick”を既に導入頂いている場合でも、一部だけ本電磁弁に変更可能 ●本機構が搭載される電磁弁は、従来通り、弊社独自の長寿命構造を採用した信頼性が要求されるプロセスオートメーション専用の制御機器 《用途》 プロセスオートメーション専用の計装エア制御機器 セーフティーリレーによるシャットオフ機構が必要なすべての制御

解決できる課題

  • 品質向上
  • 省スペース
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 配管・継ぎ手関連

セーフティーリレー対応 計装エア向け電磁弁

【作業員の安全を電磁弁(計装エア制御)で守る! セーフティーリレー対応の計装エア向け電磁弁!】 ビュルケルトは、これまでプロセスオートメーション専用の計装エア制御電磁弁をご提案してきておりますが、この度、従来の長寿命構造を維持したままセーフティーリレーを個々に組み込める電磁弁を開発いたしました。 《製品の特長》 ■個々の電磁弁にセーフティーリレーによるシャットオフ機能を組み込める設計により、計装エア制御の面から、最新のMachinery Directive EU ISO 13849(EU域内機械指令)に対応可能 ■本機構は、個々の電磁弁への通電を完全に断ち切る仕組みであり、シーケンサでのプログラム上の安全措置、I/Oユニットやシーケンサの通信状態に依存せず、セーフティーリレーに直接接続&電磁弁シャットオフ ■必要な計装エア制御部のみに、本電磁弁を採用可能 ■ドイツ特許取得済み製品 ■ビュルケルトのプロセスオートメーション専用の制御機器”AirLINE/AirLINE quick”を既に導入頂いている場合でも、一部だけ本電磁弁に変更可能 ■本機構が搭載される電磁弁は、従来通り、弊社独自の長寿命構造を採用した信頼性が要求されるプロセスオートメーション専用の制御機器 《用途》 プロセスオートメーション専用の計装エア制御機器 セーフティーリレーによるシャットオフ機構が必要なすべての制御

解決できる課題

  • 品質向上
  • 省スペース
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 配管・継ぎ手関連

ポジショナ(コントロールバルブ用)

【ブリードエアフリーの省エネ設計ポジショナ バルブとポジショナの両方を設計しているビュルケルトだからこそのデザインと各種機能】 ダイヤフラム式制御ではなく、電磁弁式制御なのでブリードエアフリー! バルブとポジショナの両方を設計しているビュルケルトだからこそのデザインと各種機能を搭載。 《基本情報》 ●ブリードエアフリーによる省エネ  中間開度保持でもブリードエアゼロ! ●視認性の高い液晶が標準搭載  現在の開度やセットポイントがその場で確認可能 ●他社の半分以下の重量  樹脂パーツと電磁弁式ポジショナによる軽量化 ●外装の材質はSUSと樹脂のみで錆に強い  塗装を塗りなおす必要なし! ●ボタンひとつのワンタッチ初期設定  わずらわしい初期設定は一切なし。ボタン長押し+約2分放置で完了。 ●オプションでプロセスコントローラ仕様  センサの信号を直接取り込み、ローカルループを作るための調節計を搭載。見える化目的で設置したセンサの信号を取り込めば、盤などの設置も不要でプロセスの最適化が図れます。 ●IO-Link仕様  省配線はもちろんのこと、ストロークの移動距離や開閉の折り返し回数なども確認可能。PIDの値が適切か?経時的にずれていないか?などの診断が可能な仕様です。

解決できる課題

  • 品質向上
  • 省スペース
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!