FOODTOWNアドバイザーエアフィルターを徹底解説!

エアフィルターとは?

エアフィルターとは、エアーコンプレッサーにより圧縮された空気中のゴミや塵、水滴を取り除き清浄な圧縮エアを供給する機器です。
食品工場内で使用するエアはエアーコンプレッサーにより生成され、コンプレッサー室から配管やチューブを使って各製造混合工程や包装工程などに送られています。送られた圧縮エアは各工程で使用されているエアシリンダーやダンパー、製品吸着用の吸盤など空圧機器の動力となっています。

エアフィルターは、レギュレータ―やルブリケータと接続されたエアユニット(FRLユニット)という形で使用されることが一般的です。コンプレッサーから送られる圧縮空気中あるいは配管内にはゴミや、水滴、サビなどが混入している場合があり、異物を除去して各空圧機器へエアーを送る必要があります。そのままの圧縮エアを使用すると、末端空圧機器からの水漏れや動作不良を招くなどのトラブルの原因になります。エアフィルターは空圧機器をトラブルから守る役割をします。
エアフィルターの種類、選定ポイント、トラブル事例を解説します。

  • エアフィルターの種類、原理、使用用途について

    エアーフィルターの原理、使用用途について
    エアフィルターはレギュレータ―やルブリケータと接続されたエアユニットという形で使用されます。エアユニットは大きく分けて2種類あります。
    一つは、フィルター付きのレギュレータ―とルブリケータを接続している「2点セット」です。圧力計やブランケットを常備しています。
    もう一つは規格化された部品を組み合わせて機能を連結させている「モジュラータイプ(コンビネーション)」です。

    エアフィルターは、コンプレッサーから送られてきた圧縮空気をルーバーデフレクターという内部構造にて旋回させます。
    そのサイクロン効果で水滴や比較的大きなゴミを分離します。さらにエレメントというろ過装置により微細な異物をろ過し、清浄な空気をレギュレーターへ送り出します。
    分離された水滴、ゴミなどは、ボウルの下部についている手動ドレンバルブや自動ドレンバルブにより外部へ排出します。

  • エアフィルター価格について

    エアフィルター単体では約1万円前後から購入することが可能です。
    一般的にフィルター、レギュレータ、ルブリケータの3点セットとして設置する場合が多く、3点セットの場合、約3~10万円程度となります。
    選定ポイントにも記載の通り、配管口径によって価格も変わります。

  • エアフィルターの選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    ・配管接続口径
     エアの流量や仕様によって配管口径が異なるため、口径の合うものを選定する必要があります。
     配管口径にはA呼称B呼称と2種類の呼び方があります。口径サイズをインチ基準で表記するか ミリメートル基準で表記するかの違いです。
     A呼称:6A、8A、10A、15A、20A…とあり、呼び方は「ロクエー、ハチエー」と呼びます。
     B呼称:1/8、1/4、3/8、1/2、3/4、1…とあり、呼び方は「イチブ、ニブ、ヨンブ」と呼びます。

    ・使用空気圧力(MPa、メガパスカル)、使用温度(℃、度)、処理流量(L/min、リッター毎分)
     ろ過度(μm、マイクロメートル)を確認して選定を行います。

    ・エアフィルター(レギュレータ、ルブリケータ)取り付け向きは横向きでの使用は不可
     エア配管内の水分やごみを除去したものがドレンとしてフィルター下部に溜まります。
     横向きでの使用はドレンが正しく抜けない為、取り付け位置を考慮する必要があります。

  • エアフィルター導入後のトラブル事例、事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    包装機で使用しているシリンダー、吸着の吸盤からドレン水が漏れて製品に付着した。

    原因①
    エアフィルター内に溜まっているドレンを抜いていない為、オーバーフローして末端へ流れた。
    原因②
    エアフィルターの取り付け向きが悪く、ドレンが配管経路内に流れ出た。

    対策①
    フィルター内ドレン抜きを頻度を決めて行う。
    対策②
    コンプレッサーのレシーバータンク内ドレン抜きを行う。
    対策③
    アフィルター取り付けを床面に対し、垂直になるよう取り付けを行う。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • エアフィルター

電石サニフィルター®

クリーンで温度ムラのない快適作業空間を実現します。 落下菌対策に効果を発揮!! 不織布製高性能空調フィルター ~空調の吹き出し口に接続して使用するダクト型エアフィルター(ソックダクト※1)です~ 概要 ホワイト サックス 微風、清浄空間。 空調に関する様々な気がかりを電石サニフィルター®が一挙解決。 食品加工現場において、空調は食品の鮮度・品質上の問題や、長時間室内で作業する人の作業効率などに密接に係わる重要な要素です。さらに食中毒や異物混入のトラブルが多発する昨今、トラブルを未然に防止する上でも細心の注意が必要不可欠といえます。電石サニフィルターは空調の機能をいかしながら、安全・清潔な食品加工現場と快適で効率的な作業環境を実現いたします。 ※1一般的な「ソックダクト」式空調システムについて 「ソックダクトこれを空調吹出口に接続してカーテンレールより支持し、天井と平行に伸ばして使用します。 ソックダクトを用いない一般的な空調では、風が直接吹き出すのに対し、ソックダクトを用いるとソックダクトの表面全体から極めて緩やかな気流(微風)となり、広範囲に拡散させることができます。 この微風吹出し効果により ①低温域でも作業者に直接吹きつけないため、寒さ(体感温度)が改善されます。 ②ソックダクト周辺において温度差が緩和され均一に近づきます。 ③直吹きだと起こりやすいホコリの舞い上がりを防止します。 といった効果がもたらされます。 また使用する材料にもよりますが、一定のフィルター効果が期待できます。 空調からは風とともに様々な微小異物が飛散しますが、「ソックダクト」によってこし取られ、きれいな空気だけが出てきます。 こうした効果を活かし、食品加工や印刷・塗装など清浄度が求められ、風を避けたい現場で多く採用されています。 特に食品を扱う現場では、落下菌(カビ)を防ぐ効果が高く有効といえます。 食品工場、容器・包装工場などに採用されています! 電石サニフィルターの素材 素材・仕様について 電石サニフィルターの素材はポリプロピレン100%の電石不織布※です。フィルター材と補強材を熱エンボス加工で溶着しているので、通常使用において破損の起こりにくい2層構造になっています。 高い捕集性能を持つ電石不織布がカビ菌等をほぼ100%捕集します。また汚れたら新品に交換できるディスポタイプのため、非常に衛生的です。 電石サニフィルターの色はホワイトとサックス(淡い青色)の2色です。また、通気性の良い低圧損素材もございます(ただし色はホワイトのみです)。 ※不織布は紙ではありません。また、不織布は織布とは異なり、メッシュ数や目開き、開口率等については表現できません。 東レ(株)の電石不織布「トレミクロン®」を使用 食材の鮮度維持に貢献いたします。 電石サニフィルターは、表面電荷を持った電石不織布でできています。このため、エアコンから吹き出す風に含まれる細菌やカビ、目に見えないホコリ等を強力に吸着捕集し、常にクリーンな空気を供給することで食材の鮮度維持に貢献いたします。 東レ・ファインケミカル株式会社へ 「トレミクロン®」について 一般的な繊維 一般的な繊維トレミクロン® トレミクロン (※繊維に付着した状態) 特殊な方法で電石加工した超極細繊維不織布です。繊維一本一本が電石の力を持ち、シートの内外部に強い電界を形成、強い吸着力で浮遊塵や落下菌をとらえます。通気性を持ちながら優れたフィルター効果も発揮。細菌などの微粒子を高効率で捕集します。 機能・特長 "寒い"を緩和しながら、低温度環境を実現。 静かで温度ムラの無い微風吹き出し方式によって、エアコン吹き出し口に近い場所にも遠い場所にも等しく冷気が行き渡り、従来と同じ体感温度でさらに3~5℃低い室温環境を実現。緩やかな気流で作業者の快適性を確保しながら食材の鮮度保持や食中毒菌が発生しにくい低温度環境を、実現します。 従来の対流方式の場合 before 吹き出し口周辺だけが寒い ホコリやチリが舞って不衛生 食品の表面が乾燥しやすい 電石サニフィルター®を導入した場合(自然対流方式) after 風を感じさせない快適な微風空間 温度ムラの少ない均一な室内 吹き出し気流音もほとんどなし 細菌やカビまでも捕集して衛生的 食品の表面乾燥の防止  フィルター全体から、クリーンで穏やかな風を室内へ送り出します。 電石不織布でカビやホコリをミクロ単位で瞬時にキャッチ短時間で浮遊菌が大幅に減少 微量吹き出しで食材の品質と作業者の快適を両立 「電石サニフィルター®」による室内清浄度の変化 気流図と汚染度 上図は、空調エアーを電石サニフィルターを通して供給したとき、室内の清浄度が向上していく様子を表現した例です(※天井方向からの視点)。 色が赤に近いほど清浄度が低く、紫に近いほど清浄度が高いことを表します。 【シミュレーション条件】 空調機風量:32㎥/min  部屋:32.5m×15.5m×3m(H)  粒子径:0.1μm以上 電石サニフィルター®:300φ×11.5m×8本 内々循環を想定しシミュレーション。 取り付け・取り外しが容易な使い捨てタイプで衛生的かつ経済的 電石サニフィルターは、非常に高い捕集性能を有しておりますが、安価な不織布素材で、低コストで導入していただけます。また大変軽量な使い捨てタイプなので取り扱いも容易です。エアコンの吹き出し口にバンドで取り付け、天井に設置したカーテンレールから吊り下げて使用するので、取り付け・取り外しが非常に簡単です。 撥水性・難燃性のため安心です。 電石サニフィルターを構成する不織布は、ポリプロピレン100%で水分を吸収しないので、濡れても破損する恐れがありません。また難燃性(自己消火性)があり、火がついても燃え広がらないため安全です。なお、燃やしても塩素系有害ガスは発生しません。 交換時期について ご使用環境や条件にもよりますが、交換時期の目安はおよそ6ヶ月です。 実際にはフィルター表面の色が黒くなり、先端部に円形模様(下図)が現れましたらお取り替え下さい。 ◎一部特殊仕様の製品には交換サインが出ないものがございます。 ◎ポリプロピレン100%ですので、焼却時にダイオキシンは発生しません。 ◎使用前と6ヶ月後の汚れの違い 使用前使用後6ヶ月(交換時期) フィルターがカビ、ホコリを吸着。 目詰まりを起こし、黒ずんでいる。要交換状態。 交換時期の目安画像

解決できる課題

  • 品質向上

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • エアフィルター

クリーンブース

低コストで快適な作業空間をご提案 局所的クリーン化に最適ソリューション POINT1 局所的な清浄度アップに効果的 食品充填・包装作業など、清浄度を高めたいラインだけを局所的にクリーン化します。 POINT2 防炎性能に優れた特殊フィルムを採用 周囲フィルムには、帯電防止性軟質塩ビフィルム「アキレスセイデンクリスタル」を採用。優れた性能に加え、抜群の防炎性能もプラス。消防法施行令4条の3に適合しています。 POINT3 取付けカンタン 面倒な取付け工事を必要とせず、短時間での設置が可能です。 POINT4 高性能フィルター ファイナルフィルターには食品の表面乾燥を防止しながら、細菌やカビまでも捕集する電石サニフィルターを使用しています。 電石サニフィルターとは POINT5 ローコスト・省エネルギー 従来のクリーンルームに比べ、必要な部分だけをクリーン化。設置後の省エネにも貢献します。 POINT6 設置・変更も容易 設置場所、スペースに応じた寸法で設計・製造いたします。極めて軽量なため移動も容易です。

解決できる課題

  • 品質向上
  • コスト削減
  • 省エネ対策

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!