FOODTOWNアドバイザー産業用プリンター、印刷機を徹底解説!

産業用プリンター、印刷機とは?

産業用インクジェットプリンターとは、工場の生産ラインで使われる産業用のインクジェットプリンターです。
家庭用インクジェットプリンターが主に紙に文字や画像を印刷するのに対し、産業用インクジェットプリンターは紙はもちろん、金属、樹脂、ガラス、包装フィルム、缶などに印字できます。また、曲面や立体に印字を行うことも出来ます。
食品製造現場では、製品の賞味期限や製造工場固有記号、製造機械号機、製造時間などを包装フィルムや段ボールに印字する用途として用いられます。賞味期限は消費者、エンドユーザー向けの情報であり、製造工場固有起動やその他の情報は仮にお客様よりクレームがあった場合に該当生産時間のトレースを行うために必要な情報です。
産業用インクジェットプリンターの原理や種類、選定ポイントについて解説していきます。

  • 産業用インクジェットプリンターの種類、原理、使用用途について

    産業用インクジェットプリンターの種類、原理、用途印字方法により様々な種類があります。
    ・コンティニュアス型
    ノズルから連続的にインクを噴射し、超音波振動で微小なインク粒に分解、電極で帯電させ、偏向電極で軌道を曲げて印字面に吐出します。印字されなかったインクは再利用されます。高粘度、速乾性のインクを使用でき、対象物の材質や形状を選ばずに印字できますが、構造が大がかりで小型化が難しいです。
    工場や倉庫で食品や医療品、化粧品のパッケージ、ボトルへの賞味期限や使用期限、ロットナンバーの印字などに使用されます。
    ・オンデマンド型
    必要なときに必要な量のインクを吐出する方式で、コンティニュアス型より高精細な印刷ができます。一般的な家庭用インクジェットプリンターと同じ方式です。段ボールなどの紙製品、木材などへの印字に適しています。

    ・ピエゾ方式:ピエゾ素子に電圧をかけて変形させ、インクを吐出します。
    精密に制御でき、高粘度、速乾燥性のインクを使用できます。ヘッドの耐久性も高いです。
     
    ・サーマル方式:インクを加熱して気泡を発生させ、インクを吐出します。
    構造が単純で小型化しやすく印刷の高速化を図りやすいですが、インクの熱劣化が起こりやすくヘッドの寿命が短いです。
     
    ・電磁バルブ方式:ノズルの蓋をソレノイドバブルで開閉し、加圧したインクを吐出します。
    対象物までの飛距離を出しやすいですが、印字品質が荒くなりやすいです。

  • 産業用インクジェットプリンター導入価格について

    インクジェットプリンターは印字方法により、機器仕様が大きく異なるため価格も変動します。
    個包装の包装フィルムによく採用される方式として、ピエゾ方式、サーマル方式の参考価格として約150~400万円程度となります。インクジェットプリンターで印字捺印を行った後には印字検査装置もセットで取り付けられる場合も多くあります。
    上記価格はインクジェットプリンター本体の参考価格で、設置工事費用、設定調整費用などは含んでいない価格となります。

  • 産業用インクジェットプリンター選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    ・産業用インクジェットプリンターの選定ポイント、導入時の確認ポイント
    何に、どのようなもの、どれ位のスピードで印刷するのかを明らかにし、最適な方式、インクを選定しましょう。
    インクもさまざまな種類があります。
     ・色料の分類:染料系インク、顔料系インク
     ・溶剤による分類:速乾性インク、水性インク、油性インク
     ・その他:固体インク、UV硬化インク、可食インク

  • 産業用インクジェットプリンター導入後のトラブル事例と事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    インクジェットプリンターを用いて、個包装に賞味期限を捺印しているが、小売店で賞味期限印字がかすれている製品が複数発見された。印字検査装置ではNGとなっていない。

    原因①
    インクジェットプリンターのインク種類と包装フィルムの相性が悪い。
    原因②
    賞味期限印字の工程品質検査で、印字のカスレなどを検出できる検査方法になっていない。

    対策①
    生産品種のリニューアルなどで包材種類が変わる際などは、インクと包材の相性確認を必ず行う。
    対策②
    工程検査では、印字捺印の目視検査のみではなく、セロテープやフィルム同士を擦るなど検査も行う。
    対策③
    印字検査は有無検査のみではなく、OCR検査(文字認識検査)も検討する。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 産業用プリンター、印刷機

高出力タイプCO2レーザーマーカー(Linx CSL60)

■60Wの高出力を活かし多様な用途でのレーザーマーキングに対応 「Linx CSL60」は、高出力タイプのCO2レーザーマーカーです。最大出力60WのCSL60は、標準出力タイプ(CSL30)と同等の機能をもち、30W出力では難しかった素材や高速ラインでのレーザー印字を実現します。 【主要スペック】 型式 Linx CSL60 種別 CO2レーザーマーカー 最大印字速度 900m/分 スポット径 0.16mm ~ 1.03mm 印字面積 44mm × 44mm ~ 439mm × 601mm 焦点距離 67mm ~ 576mm 印字方向 0° ~ 360° セットアップ / 操作 カラータッチパネルユーザーインタフェース「Linx Vision」 PCソフト LinxDraw (対応OS:Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 10) パスワードロック 多段階 メモリ容量 1GB (SDカード) 固定速印字 ○ 可変速印字 ○ 高速カラム印字 ○ 警報ログ機能 ○ 標準搭載フォント種類 OTF / TTF / PFA / PFB / SVG 直前印字呼び出し ○ グラフィック ○ 複数フォント印字 ○ バーコード CODE39 / JAN13 / UPC / CODE128 / GS1-128 / UPC-A / GS1 DataBar (標準型4種* / リミテッド / エクスパンデッド) *オムニディレクショナル、トランケート、スタック、スタックオムニディレクショナル 二次元コード データマトリックス / QR  機械材質 ステンレスカバー / アルミニウムシャシー ケーブル長 3m(標準) / 5m(オプション) / 10m(オプション) ヘッドオプション SHC60(標準スポット) / SHC100(スモールスポット) / SHC150(ワイドタイプ) ヘッドマウンティングオプション ダウンシュータ / ストレートシュータ / ビームエクステンションユニット / ビームターニングユニット 冷却方法 空冷式(標準 IP54) / 外部空冷式(オプション IP65) 電源 AC100V-240V (自動切替)・50Hz/60Hz 消費電力 1.15kW 重量 本体:26.5kg 電源ユニット:13.0kg ヘッド重量 SHC60:1.4kg / SHC100:2.2kg / SHC150:3.6kg レーザー種類 RF励起CO2レーザー クラス4 最大出力 60W 平均寿命 45,000時間 波長 10.6μm / 10.2μm(オプション) / 9.3μm(オプション) 周波数 50Hz~160kHz 発振管保証 2年 使用環境 温度:5℃~40℃ 湿度:10%~90%(結露無き事) 保管環境 温度:5℃~65℃ I/O センサ / エンコーダ 通信 RS232 / Ethernet(外部接続) / Ethernet(Linx Vision) ※上記仕様は、使用条件、取付条件、環境などにより異なる場合がございます。 ※弊社レーザーマーカーは、電波法による届出の対象となる製品です。本製品をご使用いただくには、設置場所を管轄する「総務省通信局」へ、「高周波利用設備許可申請書」をご提出いただき、設置時までに許可を受けていただく必要があります。詳細につきましては、お手数ではございますが、最寄の営業所まで、お問い合わせください。 ▼様々な生産ライン・幅広い素材に対応する優れた拡張性 ・3種類のマーキングヘッド ・豊富なレンズバリエーション ・3つのレーザー波長 ▼最大印字速度900m/分の高速印字・高精細印字 デジタルガルバノコントロールテクノロジー・デュアルプロセッサの搭載により、CSL60はクリアで高精細な印字能力を保ちながら、最大印字速度900m/分、最大で2,100文字/秒の高速印字を実現します。 ・多様な印字を高精細に実現 ・マイクロクラック印字 独自のレーザー印字技術によるマイクロクラック印字は、ガラスなどの透明体に対し、視認性の高い印字が可能です。 ▼高耐久構造・長寿命設計 ・ヘッド部分は、高レベルな防塵・防水仕様を示す「IP65」に準拠。粉じんなどからガルバノミラーを保護すると同時に、水気や熱気がこもる環境にも耐えうる構造。 ・ボディ部分は、筐体内の空気の流れを考慮した設計により、効率的に発振管を冷却。継続して高いパフォーマンスを維持できる構造により長寿命化を実現。 ・より過酷な環境下での使用に耐えうる「IP65」仕様もラインナップ(オプション)。 ▼快適な操作性 操作インタフェースには、誰でも直感的に使いこなせるカラータッチパネルユーザーインタフェース「Linx Vision」を採用。「Linx Vision」1台で最大4台まで操作可能なので、複数台での多列印字にも対応できます。 ▼導入完全サポート体制 レーザーマーカー導入には、本体の他に搬送装置、安全カバー、集じん機などの付帯設備が必要です。イーデーエムでは、機器選定から付帯設備まで必要なものをトータルシステムでご提案いたします。CO2レーザーマーカーが初めてのお客様でも、安心して導入いただけます。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 産業用プリンター、印刷機

サーマルインクジェットプリンタ VJ 8520

サーマルインクジェットプリンタの Videojet®︎ 8520 は、最大 600 x 600 dpi で印字が可能な高解像度プリンタです。 基本的な英数字コードはもちろん、高解像度を活かし、複雑なバーコードやグラフィックスを鮮明に印字する用途に適しています。 【最大 4 つの印字ヘッド】 印字ヘッドは最大4つまで接続できるため、複数面・箇所への印字や、広い印字領域が必要な用途にもお使いいただけます。 • 1 ヘッドあたりの文字高さ…… 12.7 mm • 4 ヘッド連結時の文字高さ…… 50.8 mm 【交換しやすいカートリッジ】 1 つのレバーを引き上げるだけで着脱できるカートリッジは交換が簡単です。 カートリッジに内蔵のチップにより、インクの種類や残量がコントローラ側で自動認識されます。 また、インクの噴射ノズルがカートリッジと一体化しているため、カートリッジを交換する度にノズルが新しくなる点もメリットです。 • 最高印字速度: 109 m/分 • 600 dpi の高画質印字 • 可変データ (時間・日付・バーコード・グラフィック画像) の印字が可能 • 8.4 インチのフルカラータッチパネルで直観的な操作が可能 • 工場向で省スペースで使える設計

解決できる課題

  • 経費削減
  • 人手不足解決
  • SDGS対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 自動化
  • 共通ツール
  • 産業用プリンター、印刷機

チェックスタンパー CSシリーズ CS-85ATⅡ

チェックスタンパー CSシリーズ CS-85ATⅡ 卵パックに入っているサイズや日付が表記されている比較的小さなラベルから、A3サイズのような大きなサイズの用紙まで大量の押印業務を効率化する自動押印装置です。昭和60年6月より、初となる自社オリジナル機器、チェックスタンパー「CS-85シリーズ」を販売開始して以来、長年、金融業界、企業の経理部門、鶏卵業界、旅行業界等でご愛用いただいております。押印に関して長年にわたって培ってきた多くの実績と経験から皆様に最適なご提案をさせていただきます。 安心と信頼のサポート体制 シンメイは、お客様に最適な機器、システムを導入いただけるようヒアリング・打ち合わせ・実機テストなど、入念な打合せをさせていただきます。また、納品後も安心してお使いいただけるよう製造工場の現場の方やオペレータの方の不安を解消するサポート、点検、急なトラブルの際に対処する準備、保守、点検のメンテナンスプログラムの充実など、末長くお付き合いさせていただくために安心と信頼のサポート体制をとっています。 スピーディーで確実な押印が可能なコンパクト型の汎用自動押印計数機です。 押印版の交換がワンタッチプレート採用によりラクラク簡単に取り付けることができます。また、印字をする用紙サイズにより3つのタイプの汎用機を取り揃えています。 構造は至ってシンプルです。センサーにより押印プレートがセットされたドラムが一回転する、といったしくみです。 タッチパネルにて簡単操作を実現。枚数設定や押印位置の登録などはすべてこのタッチパネルから行えます。次回からは登録されたコードを選択するだけです。また、このタッチパネル上で指定枚数を設定しておけば分離精度が高く、必要枚数を計数押印できます。高速計数機のご用意や、用途によって計数機仕様にすることも可能です。 導入実績 出荷ラベル、パーツラベル、保証書、カートン、受付伝票、商品券、入場券、出荷伝票、小切手、利札、請求書への日付印、入数印、丸印、受付印、検査合格印、品名印、ロット番号、パーツナンバーとして鶏卵業界、旅行会社、遊園地、スキー場、各種娯楽施設、ホテル、全酒販組合、専門店会、印刷会社、電機メーカー等でお取り扱いいただいております。

解決できる課題

  • HACCP対策
  • FSSC22000対策
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • 共通ツール
  • 産業用プリンター、印刷機

単枚袋用卓上オートラベラー

単枚袋用卓上オートラベラー ALS-350NSⅡ ALS-350NWⅡ 「ラベルの貼付作業を省力化したい」とお考えの製造業界の皆様にきっとご満足いただける製品です。シンメイの「単枚袋用卓上ラベラー」は空袋、単枚袋、軟包装などの包材を積載して置くと自動的に1枚1枚搬送し、ラベルを所定の位置に貼付していきます。ロール状のラベルであれば30~90mm(W)・20~150mm(L)サイズを貼付します。少量多品種向け、“必要な時に必要な枚数だけ”無駄なく早く、貼付することが可能になります。 ラベルの手貼りから解放される卓上型ラベラーです。各種フィルム、単枚袋、空袋などの包材にラベルを自動貼付することが可能になります。各種フィルム、空袋、包材にあった供給装置(フィーダー)が選択できます。999種類の商品ごとのラベル貼付位置が登録することができます。ボトムラベラー(ALS-350BⅡ)連結で包材の裏面と表面の両面に同時貼付も可能になります。又、ダイレクトサーマルプリンターのと接続により裏面に印字、表面にラベル貼付を同時にすることも可能になります。 ロールタイプのラベルを機械にセットして貼付開始ボタンを押すだけという至ってシンプルな使い方です。ラベル交換の際に生じる煩わしさも無駄なローラー類は徹底的に排除し必要最低限のものに設計されています。貼付け位置は、コード登録※1ができますので、毎回該当のコードを呼び出すだけです。セット枚数も最後に行った枚数を記憶していますが、違う枚数をやる場合だけ入力してあげてスタートすればOK。 ラベラー単体に5種類の供給装置を単枚袋や空袋、軟包装の包材に適したいずれかの機種を接続すれば、1枚づつ自動に貼りつけます。用途目的により下貼り機や2種類のスタッカーを自由に組み合わせることができ、今後の工程の拡張に合わせて対応することも可能です。 ※1 大型タッチパネル搭載でラベルデータを999件まで保存可能です。 ラベルサイズ 30~90mm(W) ・20~150mm(L) ラベル巻径 最大200mm(内巻・外巻) ラベル紙管 φ25・φ45(標準)φ75も可

解決できる課題

  • HACCP対策
  • FSSC22000対策
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 産業用プリンター、印刷機

大文字用インクジェットプリンタ VJ 2351-2361

高解像度の大文字用インクジェットプリンタの Videojet®︎ 2351 および 2361 は、多孔質材や二次包装材に対して業界最高レベルの安定した印字品質を提供します。これらのシステムは、耐久性のある高品質のコード、バーコード、グラフィックを、たとえ長時間の稼働であっても最小限のメンテナンスで確実に印字できるよう設計・製造されています。 お客様の印字ニーズに合わせてさまざまな高さのプリントヘッドが用意されており、印刷済みの箱やラベルを柔軟性とコスト効果の高いオンデマンド印字ソリューションで置き換えることができます。 • 最高印字速度: 132 m/分 • 最大印字領域: 70 x 2,000 mm (高さ x 長さ) • 180 dpi の高画質印字 (印字高さ最大 70 mm) • 可変データ (時間・日付・バーコード・グラフィック画像) の印字が可能 • フルカラータッチパネルで直観的な操作が可能 • 本体&ヘッドの一体化で省スペース、生産ラインへの導入が簡単 • 特許取得済のマイクロパージ技術と独自のフィルタ設計でメンテナンス作業を最小限に

解決できる課題

  • 経費削減
  • 人手不足解決
  • SDGS対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 自動化

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 共通ツール
  • 産業用プリンター、印刷機

オンデマンド式インクジェットプリンター HQ8500 K32

オンデマンド式インクジェットプリンター HQ8500 K32 【製品特徴】 ・低解像度でも機能は充実 ・大きなドットで安定印字 ・豊富なインク色(黒・赤・緑・青・茶) ・印字高さ最大46mm(直立時 17dpi)※スラント制御により変動 ・豊富なインク色(黒・赤・緑・青・茶) ・最大印字速度200m/分以上の高速ラインにも対応 ・HQM等の旧機種のヘッド・リザーバーも接続可能 ・大きなドットで安定印字 【製品仕様】 ・製品名 32chヘッド ・形式  K32 ・印字方式  ピエゾ式 ・インク噴出方向 横、上、下 ・ヘッド数 最大4 ・チャンネル数 32ch ・最大印字高さ  46mm(直立時) ・解像度(最大文字高さのとき) 17dpi(直立時) ・スラント制御  あり ・最大印字速度  (最大文字高さの解像度、縦横比 1:1、濃度1) 200m/分以上 ・印字対象物 浸透性素材 ・インク補給方法 インクボトルからリザーバへの継ぎ足し ・印字段数 制限なし ・登録メッセージ数 最大9999メッセージ ・1メッセージの最大サイズ(横方向 250000ドット) スラント設定に依存 ・文字種類  WINDOWS搭載文字 ・文字フォント  WINDOWS搭載フォント ・日付時間印字  年(西/和暦)、月、日、時(12/24H)、分、秒、曜日、日付番号、AM/PM、オフセット設定、文字割付、フリーフォーマット ・ナンバリング 最大10桁、2~36進数、アップ/ダウン、繰り返し、増分値設定、ゼロサプレス、文字割付 ・バーコード ITF、Code39、Code128、NW7/Codabar、JAN/EAN、GS1Databar、UPC ・2次元コード QR、DataMatrix、PDF417 ・図形 BMP・JPG・PNG読込、図形描画

解決できる課題

  • HACCP対策
  • FSSC22000対策
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • データ一元管理

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    750社、7,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!