FOODTOWNアドバイザー乾燥装置を徹底解説!

乾燥装置とは?

乾燥機(食品乾燥機)とは、乾燥物の水分を飛ばす装置です。乾燥させる食品によっては保存性を高めることができます。
主にドライフルーツ・ジャーキー・海産物・香辛料・お茶・ヨーグルト、ペットフード等を製造する際に用いられます。農産物の6次産業化や海産物の干物生産でも話題性から注目を集めている装置です。
乾燥機の種類、導入ポイント、価格について解説します。

  • 乾燥機の種類、原理、使用用途について

    乾燥機には、製品のタイプや乾燥方法に種類があります。
    ・棚式乾燥機
    最もポピュラーな乾燥機です。シンプルな機械構造のため導入コストが安価で済み、幅広い乾燥に対応できます。
    乾燥室内に棚があり、その棚に乾燥用トレイを載せて乾燥させます。トレイの底面は網目になっており通風がとれる構造になっています。

    ・台車式乾燥機
    棚式乾燥機の棚の部分が台車となっており、棚ごと乾燥室から取り出すことができます。乾燥物をのせたトレイを棚付の台車に差し込み、台車ごと乾燥室にいれて乾燥させます。

    ・箱型(平型)乾燥機
    乾燥室上部が開放された箱状の乾燥室に乾燥物を投下し下から熱風(温風)を吹き上げて乾燥させます。トレイがなく乾燥物を並べて棚に入れる等の作業が不要で、乾燥前の作業効率を向上できます。

    ・ドラム式乾燥機
    ・乾燥室が網で形成されたドラム形状になっており、ドラムを回転させながら熱風(温風)を送り込むことで乾燥させます。ドラムが回転する事で乾燥物が常に攪拌されるため、乾燥ムラの減少や乾燥時間短縮などのメリットがあります。

    ・コンベア式乾燥機
    乾燥室にベルトコンベア装置がついており、乾燥物をコンベアに乗せて熱風(温風)を送り込み乾燥させます。 長時間の乾燥を必要としない場合、大量生産する場合に向いています。

    また乾燥方法には以下の種類があります。
    ・温風(熱風)乾燥
    熱風(温風)を乾燥室に送り込み乾燥して行く乾燥方法で、最もポピュラーな方式です。コインランドリーの衣類乾燥機、食器乾燥機等もこの類です。熱源を得やすいことと、安価に運用できるメリットがあります。

    ・冷風乾燥
    除湿乾燥方式とも呼びます。常温(外気温)以下の冷風を乾燥室に送り込み湿度を下げながら乾燥させていきます。エアコンが同類に当たります。温度をかけないため色変化の弱い乾燥物に適しています。

    ・減圧乾燥
    乾燥室内を減圧(1気圧以下)し乾燥物に含まれる水分の昇華温度を下げ、温度の低い温風を当てて乾燥させます。減圧すると乾燥物内部の水分が表面に拡散しやすくなるため、乾燥物が厚い物や固い物に適しています。木材の乾燥は多くこの減圧乾燥方式が採用されています。

    ・フリーズドライ
    真空凍結乾燥方式ともいいます。乾燥物を-30℃以下に急速に凍結し、徐々に減圧しながら真空状態へ持っていき、乾燥物の水分を氷の状態のまま昇華させて乾燥させます。色変化、成分変化を少なく乾燥させることができます。インスタントラーメンはこの乾燥方法が主流です。

  • 乾燥機価格について

    乾燥機本体参考価格は、一般家庭用冷蔵庫サイズ想定で約70~200万円となります。
    価格が変わる要素として、処理能力の他に熱源がヒーターのみ搭載、冷凍機も搭載しているかによって温度調整が細かく管理できるかという部分で価格に影響します。
    上記価格は本体のみの価格であり、装置運搬搬入費用や取付設置費用が別途かかります。

  • 乾燥機の選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    乾燥機の選定ポイント
    ・乾燥させる製品
     製品が保有している水分量が違うため、乾燥方法が異なります。

    ・乾燥方法
     棚式に置いた状態で乾燥させるか、コンベアで搬送しながら乾燥させるかにより仕様が異なります。  

    ・トレイ寸法
     乾燥したい製品のサイズによって乾燥機内へ入れるトレイサイズも異なります。

    ・熱源の種類
     乾燥する熱源としてヒーターのみ搭載の乾燥機、ヒーター、冷凍機も搭載して温度設定がシビアに管理できる
     乾燥機など熱源や温度調整機能により、仕様が異なります。

    ・処理能力
     乾燥機のスペックで1バッチで乾燥できる量と乾燥に要する時間が異なります。

  • 乾燥機導入後のトラブル事例と事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    テスト時には乾燥できていた製品が本格的に生産し始めると乾燥に時間がかかり想定した能力が出ない。

    原因
    テスト時には乾燥機内の30~40%しか製品をいれていない状態で乾燥具合を確認していた。

    対策
    テスト環境と通常生産時の条件を合わせて検証を行うことを導入前にルールとして確認する。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

  • 食品加工・製造
  • 乾燥装置

循環式ドラム乾燥機DM40

乾燥効率をあげるための撹拌作業が不要のドラム式乾燥機。 「揉み」工程の必要な山菜乾燥「泥落とし」行程が必要な根物の乾燥に最適!! ドラム式乾燥機2種類をご用意。処理量に応じてお選びください。 全面扉内部に設置された誘導翼によって温風をドラム内部に送り込み拡散フィンによってドラム上部へと万遍なく送り出していくことで、効果的な乾燥が可能となります。 また乾燥機内の暖かい空気を循環させることで乾燥効率を向上させ、低燃費を実現します。 乾燥ぜんまいの生産には、ぜんまいの繊維を柔らかくし、ちぢれを出すために、手もみ作業を繰り返し行うことが必要です。 キハラのドラム乾燥機は、ドラム内に設置された拡散フィンとドラムの回転速度の組み合わせによって被乾物が絡まず均一に回転、ドラム頂上から落下させることで手もみ効果を実現します。 広い作業スペースが不要! 掃除やメンテナンスが簡単! 乾燥中に発生する破砕片等は、引出トレーに留まるので掃除が簡単です。 また循環口にはスライド式のフィルターを装備していますので、ぜんまいの綿ゴミ等も楽に除去できます。 仕様 型式 DM40 規格 幅1105㎜×奥行880㎜×高さ1362㎜ 燃料 灯油 操作機器 smart panel 使用電源 単相100V 最大消費電力 859/875W 最大温度設定 60℃ 送風機 型式 BF-17S バーナー 型式 SG-S2 駆動モーター出力 750W ドラムサイズ φ750mm×400mm 本体重量 250kg 生収容量 6kg 安全制御装置 異常加温検知燃焼監視装置

解決できる課題

  • 歩留まり改善
  • 省スペース
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 乾燥装置

電気乾燥機  E-20H

電気乾燥機 E-20H 【製品特徴】 ●循環機能ダンパー搭載 循環機能ダンパー搭載で、水分排出シャッターの調節ができます。操作部分は調節しやすいスライド方式を採用しています。  ●低騒音シロッコファン搭載 静音シロッコファンを採用し、乾燥中の音は静かなファンのみ。夜も静かに乾燥できます。 ●200V電気ヒーター搭載 三相200V電源を搭載。デジタル制御で乾燥室内温度・乾燥時間・設定時間を表示。温度管理は内蔵センサーで一定に保ちます。 ●ハーフトレイ20枚 (600×600) 1枚あたりの収容量は2〜3.5kg。20枚で最高70kgの乾燥ができます。 ※乾燥物により異なります。 ●移動キャスター付き 本体にキャスターがついているため移動もスムーズ。レイアウト変更も楽々です。 ●5パターン乾燥プログラム 野菜や果物などシーズンに合わせたプログラムを5パターンまで記憶できます。 【仕様表】 機種名 E-20H-S 寸法(間口×奥行×高さ)(mm) 871×1274×1450 トレイ ハーフトレイ20枚 トレイ寸法(mm) 600×600 深さ30 電源 三相200V 繋ぎ込み容量30A 消費電力 50/60Hz 6755/6803W 熱源 電気ヒーター(シーズヒーター) 送風機 シロッコファン 200W 操作ボックス<表示> デジタル 操作ボックス<温調器> サーミスタ 操作ボックス<タイマー> 終了 操作ボックス<風量調整> - 操作ボックス<自動昇温> - 操作ボックス<補助温調> - 吸排気 手動(5段切替) 乾燥室材質 スチール 乾燥方式 循環式箱型 乾燥処理能力(生椎茸換算)(kg) 40~70 本体重量(kg) 187

解決できる課題

  • 利益率改善
  • SDGS対策

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 乾燥装置

食品乾燥機 FSシリーズ

衛生管理性を向上させたハイグレードモデル FSシリーズは、食品メーカー向けに設計された量産用の乾燥機です。 「優秀省エネルギー機器表彰」を受賞しているFシリーズの衛生管理性を向上させたハイグレードモデルです。 燃焼器はバーナーを使用します(標準品の燃料は、灯油、LPGを選択可)。 HACCP(食品衛生管理システム)やFSSC22000(食品安全マネジメントシステム)の認証取得食品メーカーを中心に採用実績が多いモデルです。 ▼主な特徴 ・衛生管理に配慮した設計 FSシリーズの基本構造はステンレス製(SUS304)で、衛生管理性に配慮した設計となっています。 ・衛生管理と量産化の両立 FSシリーズは、乾燥機の衛生管理性を重視するとともに、高い乾燥処理能力を維持することを目指して開発されたモデルです。 農林水産物を一度に数百キロ単位で乾燥加工するためには最適のモデルです。目安として生重量で100~400kg程度を一度に乾燥させる処理能力があります。オプションとして、軽量型・半サイズのハーフトレイ、プラスチック製トレイ、乾燥物の付着防止用フッ素コーティングシートを取り揃えております。 ・高い省エネ性能 Fシリーズ(「優秀省エネルギー機器表彰」受賞モデル)と同一の制御方法を採用することで、高い省エネ性能はそのままに、衛生管理性を向上させています。 ・乾球温度・湿球温度自動制御 FSシリーズの操作盤CPC-35(標準品)は、乾燥対象物を色鮮やかに仕上げることができる「DDS」を搭載しています。5つの乾燥プログラムを登録でき(1プログラムに最大5段階の温度・時間設定が可能)、排気操作は乾燥機が自動で行います。 CPC-35の他、2つの操作盤(オプション品)を選択できます。

解決できる課題

  • 食品加工・製造
  • 乾燥装置

パルス電解システム

Elea社のPEFは、細胞膜に数ナノメートル径の孔をあける、細胞レベルで発生するプロセスです。これにより細胞膜内の水分が漏出することで食材の物理的特構造が変化し、品質を向上させ、未加工の原材料の可能性を解き放ち、幅広い製品に適用されます。また、この処理により、後工程にもメリットをもたらします。 「PEF Advantage Belt」(旧名称: SmoothCut)は塊茎、根、野菜、果実などの固体製品の処理に理想的な解決策です。 ジャガイモ、サツマイモ、ニンジン、塊茎作物や他の根茎はElea PEFシステムを通過し、より良いフライドポテト、チップスや他のスナックになります。Elea PEFは色の鮮やかさを高め、劇的な形状品の開発を大幅に促進させ、切断能力を高め、滑らかな表面を作り出し、構造とサクサク感を改善します。 乾燥用途では、PEF処理を施すことで、生産性を向上させ、収縮が少なく、味・香り・色が保持された高品質な乾燥製品が得られます。 スナック&チップス - 新製品開発 - 生産量向上 - 品質の改善 - 切断の改善 - 食感(パリパリ感)の改善 - より良い形状 - 破損が少ない - 一定の色合い - より少ないオイル吸収量 - 水消費量の削減 - 省エネ ジュース&スムージー - 低温処理 - 24時間連続処理 - より良い生産計画 - 栄養価の保持 - 市場範囲の拡大 - シェルフライフの延長 - 品質改善 - 色合いの保持 - 使用エネルギーが低い - フレッシュな味覚 抽出 - 高価値化合物が多い - 低温プロセス - 色の抽出の改善 - 酵素が不要 - 速い抽出 - 高い歩留まり 乾燥 - 明るい色合いの保持 - 風味をより良く保持 - 優れた形状安定性 - より良い水戻し - 品質改善 - 能力の向上 - 使用エネルギーが低い

解決できる課題

  • 利益率改善
  • 経費削減
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • 異物対策

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!