FOODTOWNアドバイザー冷蔵・冷凍装置を徹底解説!

冷蔵・冷凍装置とは?

冷凍装置とはフロンやアンモニアといった冷媒ガスを使用して、蒸発→圧縮→凝縮→膨張というサイクルを回す事により、熱を移動させ、製品温度を氷点下まで下げることが可能な装置です。食品を製造する工程の一つに冷蔵や冷凍を行う工程があります。

用途としてはチョコレートを掛けた製品の品温を下げチョコレートを固める、冷凍食品で調理済みの製品を冷凍状態にするといった使い方をされています。食品の流通では、3温度帯といわれる「常温、冷蔵、冷凍」があり、製造現場内での保管、出荷、流通から店舗への陳列まで冷凍装置は不可欠な装置となります。
冷凍装置の種類、導入時の確認ポイント、トラブル事例について解説します。

  • 冷凍装置の種類、原理、使用用途について

    冷却方法によって、蒸気圧縮式、吸収式、その他の方式の3つに大別されます。

    蒸気圧縮式は蒸発した冷媒を圧縮して液化し、循環させる方式です。
    蒸発器、圧縮機、凝縮機、膨張弁からなり、圧縮機の種類によって最適な使用環境が異なります。
    立ち上がりが早く、経年劣化が少ないことがメリットです。

    吸収式は圧縮機を使わず、吸収液の科学的な性質性質を利用して冷媒を循環させる方式です。
    圧縮機を使わないので作動音が静かで、ノンフロンである点や工場の排熱を利用する事も可能なので省エネという特徴があります。

  • 冷凍装置導入価格について

    冷凍装置の使用工程や環境によって選定する機器が異なります。
    選定ポイントにも記載の通り、機器の冷凍能力と周辺環境による負荷係数から選定します。
    本体価格の参考例として冷凍能力30kw、床据置型仕様で約2000万円、10kw、
    天井吊り下げ型のユニットクーラー仕様で約200万円程度となります。
    上記価格は本体のみの参考価格で、装置運搬費用や設置工事費用などは別途必要になります。

  • 冷凍装置選定ポイント、導入時の確認ポイント

    ・冷凍機器選定において最も重要なのは冷凍能力です。
    冷却を行う対象空間の容積、隣接する部屋や屋外などからの侵入熱の大きさ、冷却、冷凍を行う対象製品の設定品温などにより必要な冷凍能力が算出されます。
    それ以外では、安全性、安定性、環境負荷、コスト(装置、設備費用、運用費、メンテナンス費)などを考慮する必要があります。
    正しい機器選定の為にはいずれの場合でも要求仕様を明確にすることが重要です。

  • 冷凍装置導入後のトラブル事例と事前対策ポイント

    トラブル事例
    装置は運転しているが、冷却効果が悪い(設定温度まで温度が下がりきらない)

    原因①
    圧力計が高圧側、低圧側とあるがそれぞれの圧力値が規定値から逸脱している(高すぎるもしくは低すぎる)
    配管や膨張弁、ストレーナ等での詰まりがあり、負荷がかかっている
    原因②
    定期的な掃除などメンテナンス計画の策定がなく、不具合が発生してからの事後保全となっている

    対策①
    詰まりなどの発生で負荷がかかっている場所の特定と掃除を行い、原因を解消する
    対策②
    製造ラインの稼働時間など定期的にメンテナンス計画を策定し、不具合が発症する前に対処する

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 冷蔵・冷凍装置

スパイラル冷却コンベア

スパイラル冷却コンベアは、垂直に設置されたドラムの外側に、らせん状に搬送ベルトを巻き付け、冷気を当てて食品を冷却する、大量生産型の装置です。らせん状に搬送ベルトを配置できるため、設置面積に対して搬送ベルト面積を大きく取ることができ、比較的省スペースであることが特徴です。 更に直線コンベアでは不可能なライン構成が可能です。上入れ下出し、下入れ上出し、下入れ下出しと、お客様の設置条件や前後の工程に合わせて、自由な設計が可能です。又、自動化による大量生産化や人件費等のコストカットだけでなく、工程の間に人の手が入らない事によって、食中毒や異物混入などのリスクを大幅に軽減できます。スパイラルフリーザーは作業効率はもとより、衛生管理の向上も図れます。 当社のスパイラルフリーザーは、長年の物作りで培った『経験』と最新の3DCAD・流体解析で得た『データ』とを組み合わした『技術力』が、存分に生かされた機械となっております。 凍結品・生産規模・設定温度等の様々なニーズに対応した、当社独自のクーラーをご提案致します。又、自然冷却・ストックコンベアとしてもお使いいただけます。 ■シングルタワーで下入れ下出しが可能! 従来のドラム主軸式では不可能だった、シングルタワーでの下入れ下出しが可能となります。更に『ドラム』がなくなったことで、清掃性がアップ致しました。 ■万が一にも安心!プラスティックモジュールベルトを採用 樹脂製ベルトを使用する事で、摩擦が少ないだけでなく、もしもの時のベルト交換が簡単です。溶接機・グラインダーは一切不要です。 モジュール単位でロッドを差し込み繋ぐだけでなので必要な部分をお客様でも交換が可能です。 ■オンリーワン製品をつくり続ける技術力 長年のオーダーメイド製造の経験と、一貫した国内自社工場での設計・製造による柔軟な仕様対応力は、他社の追従を許さないものと自負しております。 出入口のコンベアを含めてご相談下さい。 お客様のニーズに合った提案力と、柔軟性で対応致します。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • 食品加工・製造
  • 冷蔵・冷凍装置

カルピジャーニ ジェラートフリーザー

カルピジャーニ ジェラートフリーザー ジェラートマシンのパイオニア、世界のトップブランド「カルピジャーニ」 FMIは過去40年以上、子供達からお年寄りまで、幅広く夢と健康をお届けするジェラート文化の普及に創業当初から取り組んでまいりました。ジェラートの分野で70年の歴史を誇るイタリア・ボローニアに本社を置くCARPIGIANI(カルピジャーニ)社はジェラート、ソフトクリームマシンのパイオニアであり、世界のトップブランドです。 【特徴】 用途に合わせた5つのプログラム 5つのプログラムを搭載し、用途に合わせた面倒な設定をせず、簡単に処理が行えます。 ・ジェラート                -主にミルクベースを使用する場合 ・ジェラート ショウリョウ(少量)     -主にミルクベースを使用する場合 ・フルーツジェラート            -主にシャーベットを作る場合 ・フルーツジェラート ショウリョウ(少量) -主にシャーベットを作る場合 ・グラニータ                -グラニータ専用 細かい固さ設定が可能 スイッチの調整だけで80段階の固さ調整ができるので、ジェラートの種類に よって、お好みの固さに調整することができます。 着脱可能なスクレーパー シリンダーと接地して氷結晶を砕くスクレーパーは着脱可能で、定期的に交換することで 常に安定したジェラートが製造できます。 また分厚いビーターによる練り上げ作用が、なめらかでコシのある食感をもたらします。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • 菌対策

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 冷蔵・冷凍装置

ラピッドフリーザー SF-5

高品質な急速凍結で、高い付加価値を生み出す! 凍結液に食材を浸すことで、急速凍結を実現した画期的な凍結機。食材の品質低下を最小限に抑え、とれたての品質・味を維持します。 <凍結処理量5kg/h> ホテル・レストラン等の小規模な調理場に。 ※ご注文いただいてから生産を行う商品です。納期はお問合せください。 【製品特長】 ■冷凍時間を短縮 最大氷結晶生成帯を30分以内に通過することで、食品中の水分を吸収して氷結晶の粗大化することを防ぎ、食品の品質を維持します。 ※食品中の水分は一般的に0℃を下回ると凍結をはじめ、ー1℃からー5℃の間に留まる温度帯を最大氷結晶生成帯といい、この温度帯を30分以内で通過することを「急速凍結」、30分以上留まることを「緩慢凍結」といいます。 ■ドリップを抑えて「美味しさを逃さない」 食材の細胞を傷めない高品質な凍結のため、一般的な緩慢凍結では劣化してしまう食材でも、凍結前の変わらない鮮度・味・見栄えを保ちます。 ■キメ細かい凍結で「作業効率アップ」 急速凍結することで氷結晶が小さく食品中の破壊を抑えられるためきめ細かい凍結ができ、凍ったままでもカットしやすくなります。 ※食品の種類や大きさ、水分量など条件により解凍が必要になる場合もあります。 ■年間を通じて旬の食材を流通 旬の時期に仕入れた食材を一括凍結することで、美味しさそのままに年中提供することができます。 食材の旬の時期に一括凍結し、高品質な流通を可能に。 ■事前調理を導入し、人手不足の解消に 手のあいた時に製造し急速凍結!品質保持。閑散期に製造することにより、繁忙期に慌てず、待たせずに出来立てと同じ品質を提供することが可能になります。 ■調理時間を大幅短縮 真空脱気包装機シュットマンと組み合わせることで調理時間を大幅に短縮。品質面でのメリットに加え、人材の拘束時間を少なくできます。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • HACCP対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 冷蔵・冷凍装置

ジェラートマシン

フジマックのジェラートマシン。 パステライザーとアイスクリームフリーザーで理想的なジェラートが提供できます。ジェラート専用ショーケースもご用意しています。 詳しくは、最寄りのフジマック営業所へお問合せください。 【高密度で濃いコク、きめ細かな味わいのジェラートを提供】 ◎パステライザー EGPシリーズ パステライザーは、原料の混合(ミックス)・加熱殺菌・冷却・熟成を行います。攪拌スピードは、ミックスの温度変化に応じて10段階から選択可能。シンプルな操作で設定ができます。取り出し口は、ストレート形状でクリーニングもしやすい。付属のハンドシャワーを利用して容易に洗浄が行えます。 ◎アイスクリームフリーザー EGFシリーズ 理想のオーバーラン(ミックスの空気含有の割合)で密度の濃いコクのある味わい、きめ細かな食感に仕上げます。投入口は投入しやすく、密閉性の高い開閉蓋もあり衛生的。付属のハンドシャワーを利用して容易に洗浄が行えます。シリンダーの蓋はダブルロック式の安全設計。蓋が開いている時は作動しないので安心です。 ◎オーダーメイドショーケース お客様の店舗・規模、ご希望に合わせてデザインやサイズなど、さまざまなジェラート専用ショーケースがオーダーメイドできます。

解決できる課題

  • 自動化
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    750社、7,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!