FOODTOWNアドバイザー熟成・発酵関連装置を徹底解説!

熟成・発酵関連装置とは?

発酵関連装置とは酵母・細菌などのもつ酵素によって、糖類のような有機化合物が分解して、
アルコール・有機酸・炭酸ガスなどを生ずる現象を製造する為の機器の事です。
醤油や味噌、酒などを製造するための一連の装置を指します。発行を伴う製品の一般的な製造工程として
「原料処理」→「製麹」→「仕込」→「圧搾」→「製成」→「充填・包装」という流れで製造されます。

  • 発酵・醸造関連装置の種類、原理、使用用途について

    ビール発酵装置 
    ビールの発酵プロセスは、巨大な円筒形の円錐形の容器から、開いた石やステンレス鋼の容器、木製の大桶まで、さまざまな形をとることができる特別な発酵容器(発酵槽)で行われます。 醸造所の機械で生産された麦汁が冷却され、曝気された後、醸造用酵母がそれに加えられ、麦汁は発酵槽で発酵し始めます。 麦芽から得られた糖分がアルコールと二酸化炭素に変換されるのはこの段階(一次発酵)で、初めてビールと呼べる製品です。
    次の段階(二次発酵)では、ビールは低温および加圧下で熟成タンク内で自然に炭酸化されます。 この段階の後、ビールは通常消費する準備ができています。 

  • 発酵関連装置導入価格について

    発酵品を製造する工程ごとに切り分けて、各装置毎に見積を取得することになります。
    自工程の仕様に合わせてタンクを製作するなど効率的な生産ができるようにレイアウトを考慮していきます。
    既存設備との連結を行う場合は、既存と新規導入設備との境界部分が非常に問題になることが多いため事前に
    お互いの情報を取り合うことが最重要課題となります。
    上記価格は本体のみの参考価格で、装置搬送費用や設置工事費用は別途必要となります。

  • 発酵・醸造関連装置の選定ポイント、導入時の確認ポイント

    発酵製品関連装置の選定ポイント
    ・発酵、醸造に必要なタンクの選定
     原料タンクにも様々な用途のタンクがあり、製造する製品に必要な工程に合わせてタンクを選定します。
     予熱タンク、テンパリングタンク、浸漬タンク、発酵タンクなど用途に合わせて選定します。

    ・タンクサイズ、必要タンク数の検討
     タンクサイズ、数は生産能力に直結します。
     全体の製造計画、レイアウトに合わせてタンクのサイズと数を考慮します。

  • 発酵関連装置導入後のトラブル事例、事前対策ポイント

    トラブル事例
    発酵タンク内の清掃を行うために、タンク内に入り込んで作業を行っていたが酸素欠乏状態に陥り労働災害が発生した。

    原因①
    十分な換気、呼吸用保護具などを装着して作業を行っていなかった。
    原因②
    作業開始前に酸素濃度を測定して、酸素欠乏に関する危険予知と教育ができていなかった。

    対策①
    作業環境を整備し、適切に休息を取りながら作業を行うよう管理する。
    対策②
    高所作業や閉所作業を行う場合には、作業によって起こるリスクを事前に排除して作業を行う。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 熟成・発酵関連装置

洗穀機F型シリーズ

■ 製品概要 最近の醸造業界では原料内の異物混入が問題化されています。 業界のご要望にお応えし、当社では従来の機能に加えて、洗穀機上方に設けたトロンメル式研磨機と洗穀槽をバーチカルポンプで連結し、従来型よりもさらにコンパクトでユニット化した多機能な洗穀機を開発しました。 砂取り、穀粒研磨能力を備えた画期的な洗穀機F型シリーズをご使用いただき大変好評を得ています。 ■ 特徴 1. 洗穀槽を有し、浮遊物の除去が行われる。 2. 沈殿する比重の重い夾雑物(石・砂・金属等)の除去も洗穀槽の中に設けた仕切り板によって効率が向上。 3. トロンメル式の穀類研磨可能のドラムを設けて、穀類表面の付着物の除去が可能。 4. 洗穀と研磨を組み合わすことによって、機械をコンパクトにまとめた。 5. バーチカルポンプの下部に沈降ポケットを設けることで重い夾雑物の除去が完全に行える。 6. 米・麦・丸大豆等のあらゆる穀類の洗穀が1台で可能。 7. 三段階洗浄が可能。 (1)一次洗浄は戻り水を利用。 (2)二次洗浄はバーチカルポンプによって研磨機に流入させ洗い流す。 (3)三次洗浄は清水によって仕上げ洗浄を行う。

解決できる課題

  • 品質向上
  • 自動化
  • 菌対策

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 熟成・発酵関連装置

出麴塩水混合輸送装置

■ 製品概要 出麴の輸送方法は従来、空気輸送による方法が大多数の工場で採用されており、省力化に大きな役割をはたしていますが、近年仕込量の増大、仕込みタンクの大型化及び、騒音公害の防止等の面から空気輸送に代わる輸送装置が、要求されてきています。 この様な時代の要請にマッチした仕込輸送装置が当社のポンプによる、出麴塩水混合輸送装置です。 この装置は多くの納入実績と豊富な経験により高い評価をいただいています。 ■ 特徴 1.空気輸送では輸送不可能な長距離大容量の輸送が、本装置は、閉塞等をおこすことなく確実にスムーズにできる。 2.ポンプ輸送のために動力が小さく、同一能力の空気輸送に比し、数分の一であり電力費が少なくてすむ。 3.塩水混合スクリューにより、出麴と塩水の混合が完全に行われるので、仕込時の撹拌は省略又は簡単にできる。したがって、大型醗酵タンク、特に屋外醗酵タンクへの仕込には最適である。 4.湿式ポンプ輸送のため胞子の飛散、騒音等もなく作業環境がよく、清潔でかつ空気輸送のブロワー音のような騒音公害を全くおこさない。 5.特殊ポンプの使用により、脈動がなく、出麴流量の負荷変動に強く輸送管内につまることなく確実に輸送ができる。 6.輸送管内の掃除も簡単で、操作に特殊な技術も要しない。

解決できる課題

  • 品質向上
  • 自動化
  • 菌対策

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 熟成・発酵関連装置

製菓製パン用発酵装置 ドゥコンディショナー

製菓製パン用オーブン ドゥコンディショナー 2室独立制御でオーブンの能力にあわせてベーキングタイムを効率的に設定出来ます。オーブンと連動で焼成時間に合わせて前日に成形された生地を冷凍又は冷蔵され、プログラムにより解凍、予熱、ホイロの工程を経てふっくらと発酵した後、焼成温度に達したオーブンできれいに焼き上がります。焼きたてのパンを早朝から売り場に並べる事が出来れば売り上げ増加と人件費の節約になります。 【特長】 自動運転 作業時間・工程をプログラム設定して時間、温度湿度の管理を解凍、発酵までを自動運転します。 工程の進行状態を工程ランプで表示 操作パネルは工程の進行状態を工程ランプで表示します。 湿度調節が機能アップ 加湿はスプレー方式を採用、清掃が容易、湿度分布が良くなりました。 翌日が休日の設定も簡単 オーブン連動機能付き(連動結線必要)ドウコンとオーブン接続によりオーブンが起動しま
す。翌日が休日の設定も簡単に出来ます。 低温長時間発酵でも使用出来ます。

解決できる課題

  • 品質向上
  • 省スペース
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!