FOODTOWNアドバイザー洗浄装置を徹底解説!

洗浄装置とは?

洗浄装置とは、シャワーやバブリングなどの水流を利用して食材、製品の異物除去をするために用いられる装置です。

異物除去以外にも品温を下げて後工程での加工を行いやすくするため、原料の残留農薬を基準値以下にさせるためなどの用途で洗浄装置を活用します。異物除去の対象として主に、虫、毛髪、動物毛、貝殻片、食材のヌメリなどを除去します。洗浄する食材は様々で、葉物野菜、根菜類、果物、食肉、水産物など幅広く洗浄可能です。

洗浄後の品質保護のために食材や製品の特性によって水に浮く、沈む、洗浄薬剤の仕様有無などを考慮必要があります。
洗浄装置の種類、原理、選定ポイントを解説します。

商品種別「洗浄装置」のおすすめのメーカー製品を検索する!

  • 洗浄装置の種類、原理、使用用途について

    ・洗浄装置の種類
    洗浄物の種類にあわせた製品仕様があります。
    洗浄槽内で浮くもの(葉物野菜や果物等)を洗浄する際は、上段ノズルと搬送コンベアで洗浄します。
    上段ノズルで製品に水流を当て沈ませる形で搬送コンベアで搬送していきます。
    洗浄槽内で沈むもの(根菜類・食肉・水産物等)を洗浄する際は下段ノズル、と搬送コンベア、搬出コンベア、ブロアを使用して洗浄します。下段ノズルで沈んでいる製品に水流を当てながら搬送コンベアで搬送していきます。
    製品が沈んでいる状態なので傾斜のついた搬出コンベアで水中から取出し、ブロアで排出していきます。

    ・洗浄装置の洗浄方法、原理
    製品投入口から洗浄装置内に送り出された食材に対して、噴射された水流やバブリングを当てて異物を除去していきます。除去した異物の再付着を防ぐために、洗浄装置内の要所要所で回収を行います。比重の軽い異物は、水面を流れていくため水面のキャッチャーにより回収します。比重の重い異物については、装置内底面に沈殿することになりますので底面に傾斜をつけて排水時に異物も同時に排出します。

    ・洗浄装置の付帯設備
    洗浄装置を循環させる水を冷水にすることにより、食材の鮮度保持にも繋がります。
    葉物野菜などの比較的軟らかい野菜は、常温水よりも10度以下の冷水を使用することにより鮮度が保持し続けます。
    季節により使用する水の温度が変わると、後工程の加工手間、品質のバラツキにも繋がりますので安定した水温の洗浄水を使用することにより、原料の歩留まり向上にも貢献します。
    機械の連結によって、洗浄・異物除去・殺菌・すすぎのライン化も可能です。

  • 洗浄装置価格について

    洗浄物の特性、処理能力により装置の仕様は変わります。
    ここでの参考価格の装置仕様は処理能力500~800㎏/時間、洗浄槽長さ3.5m 約600万円となります。
    本体のみの価格であるため、装置運搬費用、設置工事費用は別途必要です。

  • 洗浄装置の選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    洗浄装置の選定ポイントについて
    ・洗浄する食材に対応した製品仕様か
    食材や製品の特性(浮き沈み、付着可能性のある異物、除去したい異物、食材の硬さ、重量)によって装置仕様が大きく変わります。製品の破損や歩留まり率に影響するため事前に確認が必要です。

    ・処理能力(供給量)はどれだけあれば十分か
    前後の工程で製品滞留が発生しないか、後工程への供給量不足にならないかを考慮して処理能力を確認します。 

    ・ライン化する計画があるか
    洗浄装置単体で設置するか、インライン式で洗浄を行うかにより装置配置レイアウト、作業動線がかわるため将来的な構想を見据えて設置場所やスペースの利用方法を検討する必要があります。

    ・使用水量、排水量は許容範囲内か
    水道水、上水の使用量や排水量は管轄される地方や自治体によってルールを設けている場合があります。
    条例やルールに従わなければ追徴金や罰則規定がある地域もありますので事前に確認が必要です。

  • 洗浄装置導入後のトラブル事例、事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    洗浄装置で次亜塩素酸ナトリウムを用いて殺菌を行っているが、濃度の確認行っていなかったため出荷検査で一般生菌数の数値が高くなった。

    原因①
    洗浄装置で洗浄水の作成は手順通りに行ったが、濃度確認を行っていなかった。
    原因②
    濃度確認を行ったなどの記録を残していない為、濃度が適正であったかの証明ができない。

    対策①
    洗浄水の作成手順、作成後の濃度確認までを一連の作業手順として標準化する。
    対策②
    濃度確認を行っていることの記録を設置することで出荷後などのクレームに対し提供できる情報としておく。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 洗浄装置

食品洗浄機 アクアウォッシュ・マスター TWS-1300 1100

・コンベア搭載 ・連続して大量に食品を洗浄する食品工場等に最適 【特徴】 「水流」+「泡」の力で食品にやさしく確実に洗浄します。 ●比重の軽い異物は 1.フロートキャッチャーにより、回収。 2.洗浄水を洗浄槽内で循環させて集約し、キャッチャーネットにより回収。 3.オーバーフローにより循環タンクのタンクネットで回収。 ●比重の重い異物は 4.沈殿し底面のテーパー面により集約、排水時に除去。 4ステップで異物を徹底除去し、異物再付着の心配はありません。 ■ホール品・カット品も洗浄できます コンベアベルトは2種類から選択でき、カット野菜などの多様な食品に対応可能です。 ■異物除去→殺菌→すすぎのライン化が可能 食品の各種洗浄工程を機械化・ライン化することで、作業の大幅な効率化・省力化を実現できます。 薬注ポンプセット(オプション)を使用することで、殺菌を同時に行えます。 ※オプション品は、下記をご覧ください。 設置スペースに合わせたレイアウトができます。 ■お手入れも簡単 ・コンベアガイド 本体部は工具不要で簡単に分解できるため、細部までしっかり清掃できます。 ・コンベアベルト 1ヶ所SUS棒を引き抜くだけで取り外せます。 ・洗浄ノズル 洗浄ノズルを標準装備し、配管内の洗浄もできます。 ■用途さまざま! アクアウォッシュ・マスター(アクアウォッシュ)の実績 レタスなどの葉物野菜、鶏肉や牛肉などの食肉の異物除去、冷凍マグロの切りかすの除去や水産物のぬめり取りや血抜き等、また塩蔵品の塩抜きといった様々な商材での洗浄実績多数、全国の食品工場や外食、中食産業等で活躍中。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 洗浄装置

全自動洗浄脱水機 YS-2120W ベジ・クリーン

■最高レベルの除菌性能! 食材をカゴごと洗浄・すすぎ・脱水!! 【特長】 ◯高品質な洗浄・脱水 脱水機や連続式の洗浄機と違い、1工程毎に水を入れ替えています。毎回洗浄槽が洗浄され、機械内の菌数が定値で安定する為、生産開始から終了まで高品質で安定した製品づくりが可能です。 ◯少量多品目に最適 カゴ方式のため、少量多品目の製品づくりに最適です。アイテムの切り替えも速やかに行うことができます。 ◯食材を均一に殺菌 強弱設定可能なジェット水流とカゴの自動回転撹拌により、食材を均一に撹拌します。強弱設定は野菜に合わせてタッチパネルで簡単に変更できます。 ◯スタートを押すだけの全自動運転 「注水脱水→殺菌→すすぎ→脱水」を全自動で行います。コースは任意に設定でき、最大10コースまで保存できます。 【用途】 カット野菜の洗浄脱水、ワカメの水戻し など 【機械仕様】 機械寸法: 巾:1091 長さ:1820 高さ:1650(㎜) 使用水量: 27L/分(6分サイクル時) 脱水回転数: 900rpm(最高回転) エア消費量: 1L/分 エア圧力: 0.5MPa 電動機: 3相 200V 1800W 安全装置: 近接センサー1ヶ所

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • 菌対策

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 洗浄装置

脱水カゴ・コンテナ用容器洗滌機 KWM-888CB型・CB-T型・CB-K型

脱水カゴ・コンテナ用容器洗滌機 KWM-888CB型・CB-T型・CB-K型 ホースの水圧では取れにくい野菜くずをしっかり除去! 作業時間の短縮・水の節水に! 【製品特徴】 ・ホースの水圧では取れにくいカット葱・千切りキャベツなど刻み物の洗浄もきれいに行えます。 ・毎分5Lほどの給水なので人手で洗うのに比べ水の節水効果があります。 ・殺菌水の併用により脱水カゴの殺菌も行えます。 ・洗浄時間はタイマーにより設定可能です。 ・脱水カゴは30L、37Lどちらも対応可能です。 ・脱水後に洗浄し、すぐに利用すれば従来のように脱水カゴを多く持たなくても作業できます。 ・その為に従来のように作業後にまとめて洗浄する時間が必要でなくなり作業時間の短縮になります。 ・CB-T型はトンボざる 手無し55型、サンコー37L、セキスイ30Lに対応した機種となっております。 ・CB-K型はサンテナーB#50(四角コンテナ)に対応した機種となっております。 ・ PCザル#50、SUS製ざるに対応できる機械もございます。 ・オプションにて節水仕様もございます。

解決できる課題

  • HACCP対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 歩留まり改善
  • クレーム対策
  • 自動化

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!