FOODTOWNアドバイザー

焼成装置徹底解説!

焼成装置とは?

焼成機とは加熱蒸気や赤外線を利用して、短時間で食材を焼成する装置のことをいいます。高温の加熱蒸気を利用するタイプを加熱蒸気式、強力な赤外線を利用するタイプを光加熱式と呼びます。

コンベア上を流れる製品に対し、加熱蒸気を噴霧したり、数種類の赤外線を照射したりすることで食材の焼成加減を調整します。加熱蒸気式では食材を焼いたり、蒸したりを同時に行うことができるのに対し、赤外線を用いた光加熱方式では水蒸気が適さない食材にも効率よく焼成を行うことができます。

食材の焼成に加え、冷凍食材の解凍、様々な食材の焙煎、殺菌といったことにも焼成機を利用することができます。
焼成機の種類、原理、選定ポイントについて解説します。

  • 焼成機の種類、原理、使用用途について

    ・焼成機の種類
    焼成方式には大きく、高温の過熱蒸気を利用する過熱蒸気式、赤外線を利用する光加熱式の2つがあります。
    前者はコンベア上に流れる食材に対して過熱蒸気を噴霧し、後者はある波長の赤外線を照射することで、食材の焼成具合を調整します。

    ・焼成機の原理
    [過熱蒸気式] 沸騰した水蒸気をさらに加熱し、100℃以上の温度を保った過熱蒸気を食品へと暴露します。
    ヒーターの出力により、300℃以上の過熱蒸気を生成することもでき、効率的な焼成を実現できます。
    熱伝導率が高く高速で加熱できるため、低酸素状態を保持し、食品表面の酸化を抑えることができます。

    [光加熱式]
    赤外線ヒーターから近赤外線、中赤外線、遠赤外線といった異なる波長の光を照射し、焼成の工程を制御します。
    波長を選択することで、近赤外線であれば表面に焼き目をつけて焼成する一方で、遠赤外線であれば表面の熱的なダメージを防ぎながらじっくりと焼成します。
    非接触で高効率に加熱することができます。CO2の排出がなく、環境に対してクリーンです。

    ・焼成機の使用用途
    [過熱蒸気式]
    魚や肉類、野菜などのグリル、冷凍食品であっても予備の解凍を必要とせず、そのまま焼成することができます。

    [光加熱式]
    上記に加えて米菓や揚げ菓子といった水分を嫌う乾燥製品に対しても使用することができます。 

  • 焼成機価格について

    焼成機の価格に影響する要素として装置の大きさ、処理能力、熱源方式などがあります。
    表記価格想定はスチームオーブン(長さ1.8m)で約700~800万円となります。
    本体のみの参考価格であり、装置運搬費用、設置工事費用が別途かかります。

  • 焼成機の選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    選定ポイントについて
    ・製造する食材、製品に適した焼成方法か
    食材、製品によって適する焼成方法は異なります。水蒸気を嫌い食材や表面のみに焼きを入れたいなどにより焼成方法が変わるため、事前に確認が必要です。

    ・前工程・後工程に適した製品仕様となっているか
    スチームオーブンなどインライン式の焼成機を検討する際など、前後工程の接続部分でのトラブル可能性も確認ポイントとして重要となります。

    ・熱源をどのように得るか
    水蒸気を用いる加熱蒸気方式、赤外線を使用する光加熱方式など食材により熱源を事前に確認が必要です。

  • 焼成機導入後のトラブル事例、事前対策ポイントについて

    トラブル事例
    焼成工程で作業環境温度が40~50度を超える状態になり、熱中症などの労災に繋がる。

    原因
    熱源が加熱蒸気や赤外線で100度を超えるものを扱っているため工程作業環境も暑熱になりやすい。

    対策
    作業環境測定などを行った際にリスクアセスメントを行い、水分塩分補給や体調管理方法を仕組み化する。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

  • 食品加工・製造
  • 焼成装置

中型どら焼機

鮎焼きやあん巻も兼用生産可能!多目的性はそのままに、生産能力と作業効率がアップ 当製品は、小型どら焼機に中間反転・銅板の油拭き・製品取り出しを 付加し、皮の焼成から、焼きあがった皮をコンベヤに取り出すまでの 工程を自動化した中型どら焼機です。 どら焼を生産する場合、作業コンベヤに中味充填機をつければ中味絞りも 自動化。これにより、熱い焼成機付近での作業がなくなり、作業環境を 改善できます。 銅板をワッフル型に交換すればワッフルが、また、楕円絞り機構や 四角絞り機構を追加することで、鮎焼きやあん巻も兼用生産が可能です。 【特長】 ■小型どら焼機に中間反転・銅板の油拭き・製品取り出しを付加 ■皮の焼成から、焼きあがった皮をコンベヤに取り出すまでの工程を自動化 ■作業コンベヤに中味充填機をつければ中味絞りも自動化が可能 ■熱い焼成機付近での作業がなくなり、作業環境を改善 ■鮎焼きやあん巻も兼用生産可能 ■オプション 1. 仕上げ作業を効率化 冷却コンベヤや中味充填機、折りコンベヤを追加することで、フィリング絞りやトッピングなど仕上げ作業を効率的におこなえます 2. さまざまな直焼き製品に対応 銅板をワッフル型に交換できます 装置を追加することで鮎焼、あん巻もできます 楕円絞り 鮎焼き 四角絞り あん巻 ■熱源 ガス式 電気式 ■生産能力 どら焼 :500組/時(焼成時間1分25秒) ワッフル:800枚/時(焼成時間1分50秒) 鮎焼  :280枚/時(焼成時間2分30秒) あん巻 :280枚/時(焼成時間2分30秒)

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • HACCP対策
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 焼成装置

マルチDORA

『ムラなくきれいに焼き菓子を作る マルチDORA』 <製品の特長> ■タッチパネルで簡単操作 いくら機能性に優れた食品機械でも、操作が複雑で使いこなすことが難しければ、美味しい製品を安定して作りだすことはできません。 マルチDORAは細かな操作がわかりやすく、設定もしやすいタッチパネルを採用。 導入したその日から、誰でも簡単に同じ品質の焼き菓子を作ることができます。 ■一枚銅板でムラなくきれいな焼き色に マルチDORAの最大の特長は、円盤状の一枚銅板。銅板につなぎ目がなく、熱が全体に均一に伝わるので、焼き色にムラを出さずに、どら焼きなどの焼き菓子を大量生産できます。 また、充填量・銅板温度・焼成時間を一定に保つことができるため、その日の生地の状態に合わせて最適な焼き方を微調整することも可能です。 ■小さな店舗・店頭実演でも活躍 マルチDORAの最大生産枚数は1時間あたり500個です(80φで90秒焼成の場合)。 この数字は量産型の大規模な機械に比べると少ないですが、機械の大きさを考慮れば、性能は決して劣りません。 機械を小さく作っている理由は、銅板のつなぎ目をなくすためです。 銅板上を均一な状態に保てるので、生地と生地の間隔を限りなく近づけて作ることが可能。 火床のスペースに無駄ができません。 小型機械なので、小さな店舗の焼き菓子製造や店頭の実演販売でも活躍します。 <製品の仕様> 熱源 ガス式2連 生産能力 MAX 1400枚/H(φ80 70秒焼成) 電気容量 3相200V0.3kw(本体0.1kw デポジター0.2kw) ガス容量 14860kcal/H 上火 遠赤外線シュバンクバーナー 2180kcal/H×2基 下火 ユニバーサルバーナー 3500kcal/H×3基 温度制御 手動によるバルブ開閉 操作パネル グラフィックタッチパネル 生地充填方式 φ32-ロピストン方式(水冷) 充填量 MAX80cc ホッパー容量 19L or 38L 銅板寸法 10t×φ1000×φ500 オプション 中花種用シャッタバルブ・鮎用ノズル・三つ葉用ノズル 他 熱源 電気式2連 生産能力 MAX 1400枚/H(φ80 70秒焼成) 電気容量 3相200V11.9kw(本体0.1kw デポジター0.2kw) ガス容量 14860kcal/H 上火 セラミックヒーター 0.8kw/H×2基 下火 サーマリンクヒーター 2.5kw/H×4基 温度制御 ボリュームによる調整 操作パネル グラフィックタッチパネル 生地充填方式 φ32-ロピストン方式(水冷) 充填量 MAX80cc ホッパー容量 19L or 38L 銅板寸法 10t×φ1000×φ500 オプション 中花種用シャッタバルブ・鮎用ノズル・三つ葉用ノズル 他

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 省スペース
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!