FOODTOWNアドバイザー

蒸気・スチーマー加熱装置徹底解説!

蒸気・スチーマー加熱装置とは?

蒸気・スチーマー加熱装置とは主に、食品加工や製造現場で使用します。蒸気加熱装の事を「スチーマー」または「蒸気ジェネレーター」と呼ばれます。これは蒸気を生成して食品の調理、加熱、処理に利用される装置です。食材を蒸すための器具で、通常は蒸気を生成して食品を加熱します。

  • 蒸気・スチーマー加熱装置の種類、原理、使用用途について

    気・スチーマー加熱装置の種類について
    蒸気・スチーマー加熱装置の様々なタイプの中から6つのタイプをご紹介します。
    ・ロータリーミキサー
    回転するドラム内で原料を混ぜ合わせる方式。粉末や粒子状の材料を均一に混合します。
    ・バーミキサー
    棒状の撹拌機が容器内で材料を撹拌する装置。液体の混合や溶解に使用されます。
    ・ハイシアミキサー
    高い剪断力を発生させ、液体を細かく分散させる機械。乳化や均一なエマルションの形成に適しています。
    ・プラウブレンダー
    パドル型の攪拌機で、原料を混ぜる装置。粉末のブレンディングに使用されます。
    ・コーンシェイプミキサー
    ーン状のドラムと螺旋状の攪拌器を備え、粉末や粒子状の材料を混ぜ合わせる装置。
    ・プラネタリーミキサー
    ミキシングアームが容器内で中心に回転し、均一な混合を実現。ケーキの生地や菓子の製造に使われます

  • 蒸気・スチーマー加熱装置機価格について

    タイプや用途によって異なり、ニーズや予算に合う製品を検討する必要があります。
    小規模~大規模まで様々な製品群があるため、要望を的確に伝えることで価格算出が可能です。

  • 蒸気・スチーマー加熱装置の選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    選定ポイント
    ・加熱効率、一貫性
    装置は食品を効率的に加熱し、一貫した品質を保つことが重要です。加熱効率の高さや一貫性の確保が製品の品質と効率に直結します。
    ・温度制御、調整
    温度制御機能が正確であり、必要に応じて調整できることが重要です。食品の種類や処理段階に応じて適切な温度を維持できるかどうかを確認します。
    ・衛生面、清掃性
    食品接触部分が清潔に保たれ、清掃が容易であることが衛生管理の一環として求められます。

    確認ポイント
    ・動作確認、調整
    装置を稼働させ、正常に動作しているかどうかを確認し、必要に応じて調整を行います。
    ・衛生状態の確認
    清潔さを確保し、食品接触部分が適切に清掃されていることを確認します。
    ・品質、一貫性
    製品の品質と一貫性を確認し、加熱が均一であり、製品に一貫した品質が保たれているかを確認します。

  • 蒸気・スチーマー加熱装置導入後のトラブル事例、事前対策ポイントについて

    トラブル事例:設定値まで温度が上昇せず、生産能力が低下した。
    原因①:蒸気配管やバルブ、スチームトラップ、安全弁から蒸気が漏れている。
    原因②:内部の加熱要素に不具合が生じている。
    対策①:定期的な点検やパッキン交換を十分に行う。
    対策②:正常に作動するかを確認し、場合によって、修理または交換をする。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 蒸気・スチーマー加熱装置

1・2袋用蒸錬機(ジャケット式)

大量の空気と蒸気で、柔らかくふんわり しかもコシ高な生地に仕上げます。 <製品の特長> ●大量の蒸気と空気を取り込み、フワッとボリューム感のある生地を生み出します。 ●生地を包み込むように冷やすので、作業時間を大幅に短縮できます。 ●給水量や製品データを設定しておけば、誰でも安定した生地の製造が可能。 ●安全装置付だから、安心してご使用いただけます。 ●オールステンレス製だから、とても衛生的で耐久性にも優れています。 ●お客様のご要望に応じて、各所をカスタマイズできます。 [1.2袋対応型 特徴] ・攪拌羽根(飯田オリジナル) ※画像2枚目 攪拌効率とコストパフォーマンスを高次元でバランスさせた標準攪拌羽根。 よもぎ、糖類の混合にも効果があります。 ・インバーター ※画像3枚目 周波数の変更が可能(=羽根の回転数変更が可能)なため、最適な生地の攪拌状態が 実現可能です。(オプション) ・タンク裏の駆動部 ※画像4枚目 羽根の正逆回転動作(タッチパネル式に標準)により、攪拌・混ぜ込みが良くなります。 また、駆動部が簡素化され、メンテナンス時間は丸1日作業から2~3時間程度に短縮 されました。(旧来の当社製品比) ・寸動スイッチ ※画像5枚目 2つのボタンを同時に押すことにより手の安全を守りながら、フタを開けたまま羽根を 回して生地の取り出し、タンク内の掃除ができます。 [1~4袋型共通 特徴] ・前蓋パッキン ※画像6枚目 羽根と前蓋の隙間を無くすことにより、生地の生だまりを解消しました。 ・投入口用ハンドル ※画像7枚目 毎回の作業負担を軽減した新型ハンドルです。 ・配管 ※画像8枚目 蒸気配管を含む配管類がステンレス製でサビにくいため、腐食による異物混入を防ぎ 食品衛生に配慮しています。 ・安全スノコ ※画像9枚目 作業者の安全に配慮した、手の巻き込みを防止する器具です。通常は投入口を開けると 羽根が停止しますが、すのこの利用によりフタを開けて攪拌作業を確認できます。 ・蒸気噴出口 ※画像10枚目 蒸気穴を設けて優しい蒸気をタンクに沢山送り込むことにより、粉の風味を生かした フワっとした生地が出来上がります。 <仕様> (1.2袋対応型) 1袋用蒸練機ジャケット付 【設置寸法】W:1150×L:1170×H:1560mm 【使用動力】3相200V:1.5kw 【能力】粉1袋 【満水量】70リットル 【蒸気供給口】25A 【水供給口】25A 1袋用蒸練機制御盤付 【設置寸法】W:990×L:1170×H:1560mm 【使用動力】3相200V:1.5kw 【能力】粉1袋 【満水量】70リットル 【蒸気供給口】25A 2袋用蒸練機制御盤付 【設置寸法】W:1110×L:1460×H:1595mm 【使用動力】3相200V:3.75kw 【能力】粉2袋 【満水量】127リットル 【蒸気供給口】25A 2袋用蒸練機ジャケット付 羽根回転変速付(オプション) 【設置寸法】W:1250×L:1460×H:1640mm 【使用動力】3相200V:3.75kw 【能力】粉2袋 【満水量】127リットル 【蒸気供給口】25A 【水供給口】25A <用途> 和菓子・洋菓子・中華生地(餃子の皮、シュウマイ生地等)・麺類・くず製品・ 海産物の殺菌(ワカメ、しらす等)・スナックや米菓(煎餅) など

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善
  • 食品加工・製造
  • 蒸気・スチーマー加熱装置

過熱水蒸気オーブン コンベアタイプ QF-5100CB-R(L)/DFC-350

過熱水蒸気で素材の旨味を逃さず調理 小型コンベアタイプ 過熱水蒸気で食材の表面を包み込むように焼き上げます。 中はふんわり、外はかりっと。あらゆる料理が美味しさアップ。 焼く、蒸す、煮る、温める。スチームディーシーオーブンの魅力をご紹介します [350 Steam DC Oven] ナオモトのスチームDCオーブンは、過熱水蒸気を使った全く新しい調理器具です。 過熱水蒸気とは、水を沸騰させて発生した水蒸気をさらに加熱し、100℃以上の状態にした無色透明な気体のことです。 ナオモトのオーブンは、電子レンジやスチームコンベクションと違い、独自の技術で実現した120℃~400℃の過熱水蒸気を食材に直接噴射して調理することで、焼き上がりが驚くほど早く、しかも熱を均一に伝えるため、素材の旨みや栄養素をほとんど逃がしません。 [過熱水蒸気オーブンの特長] はやい! ・遠赤外線の効果で食材の中までスピーディに加熱 ・高温スチームが食材を包むように、一気に焼き上げる ・臭いうつりがないから違う食材も同時に焼ける ・冷凍食材も解凍せずにそのまま調理できる おいしい! ・外はパリッとこんがり、中はふんわり、冷めてもおいしい ・ドリップが少ないから冷凍食品もそのまま調理 ・表面をすばやく焼き上げジューシーな旨みをキープ ・旨みを逃さず歩留まりが良い ヘルシー! ・アミノ酸やビタミンなどの豊富な栄養素を逃さない ・無酸素に近い状態で調理し、食材の酸化を抑える ・油をまったく使わず食材本来の油分だけで調理 ・気になるカロリーを抑え、塩分も大幅カット ナオモトのスチームは“完全気体” 他社機器の場合、実際は水分を含んだ、ミストに近いスチームであることが少なくありません。ナオモトのスチームはその名のとおり、無色透明の完全な気体。料理の仕上がりに大きな差が出ます。 ±1℃の温度コントロール 保温状態の良し悪しは、食材の美味しさを大きく左右します。ナオモトは、独自の技術で±1℃という繊細な温度コントロールを実現。食材ごとにベストな温度管理を可能にします。 式 QF-5100CB-R(L) 電源電圧 200V 3相 消費電力 15kW 蒸気圧力 0.1MPa 製品寸法(W/D/H) 1316 × 470 × 1340mm 調理庫有効サイズ(W/D/H) 525 × 250 × 60mm 製品質量(重量) 180kg 給水方法 ※水道直結 排水 缶体自動排水 ※軟水器が別途必要になります。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 蒸気・スチーマー加熱装置

回転式蒸気釜RTK-SC

回転式蒸気釜RTK-SC 満水量:90~500リットル ●特徴 衛生的 衛生的で耐久性に優れたステンレス蒸気釜 主要部分がステンレス製のためサビにくく衛生的 作業性 浅く、広く、撹拌作業性の良い形状でラインナップ(RTK-90~310SC) ●オプション品でもっと便利に 内釜底 ロードセル(重量計) 調理物重量を精度よく測定しますので、製品品質の安定化が図れます。 底排弁<受注生産対応> 底排弁を取り付けることで、調理物が取り出しやすくなり、作業性が向上します。 内釜温度センサ<受注生産対応> 内釜に温度センサを取り付けることで、加熱中の調理物温度を計測します。 調理物温度検知による加熱制御も対応可能です。 高速ジャケット冷却<受注生産対応> ジャケット内部に蒸気を導入しての加熱調理終了後、自動的に冷水を強制循環させ高速冷却する運転です。ミウラ独自の特殊ジャケット構造は熱伝達性が良く、冷却時間の短縮につながります。高温食材の移し替えや冷却設備までの移動作業が不要で、作業者の安全性の向上と工場の省力化に貢献できます。

解決できる課題

  • HACCP対策
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 省エネ対策
  • 生産効率改善
  • 温湿度管理

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 蒸気・スチーマー加熱装置

イースチーマー

立ち上がりが早く経済的!食材に優しい無圧蒸気を効率よく発生させます。 従来の蒸しナベによる蒸し感覚を再現 <製品の特長> ■エコで経済的な設計 せいろを使用する蒸しものであれば全般に使用できます。独自の熱交換器の採用により、今までにない燃焼効率を達成しました。 点火・消火はボタン1つ。蒸気量はコックで調整できます。独自のタンク形状により始業時の蒸気立ち上がり時間が短い(水温10℃時約5分)ため、時間とエネルギーを無駄にすることなく経済的です。スケールの貯まりにくいタンク構造のため、能力を落とす事無く長年使用して頂けます。 ■電気式とガス式から選択可能 電気式は切替スイッチで調整ができ、異常時は電気遮断など安全面に優れています。 ガス式は熱効率を良くしており、冬場でも蒸気発生まで約5分とかなり早いです。安全面を考慮し、空焚き防止や、不着火でのガス遮断などの機能にも優れています。 ■食材に優しい無圧式 類似商品には低圧ボイラーが多く出回っていますが、中井機械のイースチーマーは無圧式蒸し器で、給水タンクの水をガスバーナーやヒーターで沸かして使用しています。食材に優しい無圧蒸気を効率よく発生させ、従来の蒸しナベによる蒸し感覚を再現しました。 <利用できるメニュー> 餅/かき餅/赤飯/肉まん/焼売 <製品の仕様> 横幅 600mm 奥行 700mm 高さ 750mm 重量 65kg 電源 単相100V 電気容量 0.11kw(ガス式) 17kw・21kw(電気式) 蒸気量 25kg/h ガス消費量(LPG) 1.6kg/h ガス消費量(13A) 20,000kcal/h

解決できる課題

  • 品質向上
  • 自動化
  • 省スペース
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!