FOODTOWNアドバイザー

カッター・ダイサー・シュレッター徹底解説!

カッター・ダイサー・シュレッターとは?

食品加工で使われるカッターとは、包丁やナイフ、または専用の食品加工機器の刃などを指します。用途や加工する食材によって適したカッターが異なります。
ダイサーとは食品を均一なサイズの立方体状に切るための専用の機械です。野菜、果物などを一定の寸法にカットするのに使われます。刃のサイズや形状は所望のダイスサイズに合わせて調整できます。ダイスカッターとも呼ばれ、生産性向上や均一な食材の加工を実現するのに役立ちます。
シュレッターとは食材を細かい断片や繊維状に切り裂く機械を指します。野菜、果物、チーズなどを細かく砕くために使用され、料理や製品の調理プロセスで利用されます。

  • カッター・ダイサー・シュレッターの種類、原理、使用用途について

    食品工場で使われるカッターはさまざまで、用途や食材によって異なります。

    ・製材カッター:肉やチーズなどを薄切りにするのに使用されます。
    ・ダイスカッター: 野菜や果物、肉などを均一なサイズの立方体状に切るのに使います。
    ・シュレッダー: 食材を細かいストリップや繊維状に切り裂くのに適しています。
    ・ジュリエンカッター: 野菜を細長い細片に切るのに使用されます。
    ・リボンカッター: 野菜などをリボン状に薄く切るのに適しています。
    ・スライサーカッター: 複数の機能を組み合わせたもので、切ったりスライスしたりダイスしたりすることができます。

  • カッター・ダイサー・シュレッターの価格について

    飲食店~セントラルキッチン向けと処理能力によって、価格が異なります。本体参考価格は約万円です。
    選定食材を明確にして、対応できる装置を選定する必要があります。
    併せて、安全な設計や安全装置の有無を確認し、作業中の事故や怪我を最小限に抑えることが重要です。

  • カッター・ダイサー・シュレッターの選定ポイント、導入時の確認ポイントについて

    選定ポイント
    ・切断能力、生産性
    工場の需要に合わせた適切な切断能力と生産性を持つ装置を選ぶことが必要です。
    ・安全性
    装置が安全装置や保護措置で適切に備えられているかどうかを確認し、従業員の安全を確保します。
    ・清潔性
    食品接触部分が清掃しやすく、衛生基準に適合していることが求められます。

    確認ポイント
    ・動作確認、調整
    装置を稼働させて正常に動作しているかどうかを確認し、必要に応じて速度や切断能力を調整します。
    ・安全性
    安全装置や保護措置が正常に機能しているかどうかを確認し、安全性を確保します。
    ・清潔性
    食品接触部分が適切に清掃されていることを確認します。

  • カッター・ダイサー・シュレッター導入後のトラブル事例と事前対策ポイントについて

    トラブル事例:食材のスライス品質が低下し、生産性が低下した。
    原因①:長期間の使用により、刃の摩耗、欠陥が見られた。
    原因②:清掃不足によって、スライサーの動作に異常があった。
    対策①:刃の交換だけではなく、装置全体のメンテナンススケジュールを決める。
    対策②:食材の残留物が溜まらない装置への更新や定期的な清掃を実施する。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

  • 食品加工・製造
  • カッター・ダイサー・シュレッター

ダイサー DC Sprint

DiversaCut Sprint® Dicerは、様々な野菜、果物、肉類をダイス、ストリップ、およびスライス状に均一にカットするようデザインされた高性能ダイサーです。Sprint の主な特徴として、優れた効率性と柔軟性が挙げられます。機械がコンパクトであることに加え、カットのサイズや種類を簡単に切り替えることができるため、加工の可能性は無限に広がります。 連続運転による生産が可能で、容易にクリーニングおよびメンテナンスができるデザインになっています。投入できる原料の最大サイズは、6.5インチ(165.1mm)です。 カットの種類 スライス:クロスカットスピンドルおよびサーキュラーナイフスピンドルを取り外すことにより、以下の厚さにスライスできます。 フラットスライス:1/16~1インチ(1.6~25.4mm) クリンクルスライス:1/8~1インチ(3.2~25.4mm) ストリップカット:クロスカットナイフスピンドルまたはサーキュラーナイフスピンドルアセンブリーを取り外すことにより、様々な幅のフラットストリップ状およびクリンクルストリップ状にカットできます。 ダイス/顆粒状:ダイスカットには、スライシングナイフ、サーキュラーナイフスピンドル、およびクロスカットナイフスピンドルを使用します。ダイスサイズを変更するには、必要なカッティングスピンドルを取り付け、スライス厚を調整します。 サーキュラーナイフでのカット:1/8~3インチ(3.2~76.2mm) クロスカットナイフでのカット:3/32~1インチ(2.4~25.4mm) クロスカットナイフでのクリンクルカット:9/32~9/16インチ(7.1~14.3mm)

解決できる課題

  • 品質向上
  • 歩留まり改善
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • カッター・ダイサー・シュレッター

大型角切りスライサー YS-7810X

■水平半割りキャベツが入るので、綺麗な角切りが出来る! 【特長】 ◯大量処理に対応した大型機 より処理量を上げるため、コンベア幅を300mmに、刃物を一回り大きくしました。 ◯きれいな角切りができる YS-8300型キャベツ芯取り機で水平割りをしたキャベツもそのまま入るので、よりきれいな角切りを作ることが出来ます。 ◯サニタリー性・研磨機はそのまま 大型になっても刃物の取り外し以外はすべて、工具を必要とせずに分解することができます。また別置き研磨機も標準で付きます。 ◯洗浄ラインとの連結が可能 進入コンベアロング仕様では弊社洗浄機のサスケシリーズとの直接連結に対応しています。洗浄機からスライサーへの人手を必要としません。 【用途】 キャベツ・レタス・白菜・グリーンリーフなど葉物野菜の角切り(大量生産) 【オプション】 ・パトライト・角切りアタッチメント用保管ラック など 【機械仕様】 機械寸法: 巾:1010 長さ:3120 高さ:1549(㎜) カット寸法: 1〜80㎜ 投入寸法: 巾:300 高さ:130(㎜) 電動機: 3相 200V 1850W 安全装置: 近接センサー3カ所

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • コスト削減
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • カッター・ダイサー・シュレッター

K+G Wetter(カーゲーベッター)社製 大型真空ボウルカッター

大型の真空ボウルカッターです。 一般に、回転するボウルに入れた材料をカッティングする加工機械(ボウルカッター)が使われます。 「切る」加工方法を中心に、短時間・最適な処理を実現しています。 ボウル容量 200リッターから 550リッターまで。ナイフスピード、ミキシングスピード、ボウルスピードを幅広く変速できるモデルをご用意しています。 <製品ラインナップ> ■真空ボウルカッター VSM200STL ※画像1枚目 ・特長 大型真空ボウルカッター VSM200STLは、キーパッド操作/ミキシング機能搭載モデルです。 ナイフスピード/ミキシングスピードは無段変速に対応です。 ・仕様 機種名 VSM200STL 電源容量 93.2kw 定格電流 195A (400V) ナイフモーター 90kw ナイフスピード 40~4400rpm/分 ミキシングスピード 40~500rpm/分 ボウルモーター 2.6/3.2kw ボウルスピード 9/18rpm/分 ボウル容量 200Liter 本体重量 5100kg ■真空ボウルカッター VCM360STL ※画像2枚目 ・特長 大型真空ボウルカッター VSM360STLは、キーパッド操作/ミキシング機能搭載モデルです。 ナイフスピード/ミキシングスピードは無段変速に対応です。 ・仕様 機種名 VCM360STL 電源容量 154.1kw 定格電流 330A (400V) ナイフモーター 150kw ナイフスピード 40~4000rpm/分 ミキシングスピード 40~500rpm/分 ボウルモーター 4.1kw ボウルスピード 4.5~16rpm/分 ボウル容量 360Liter 本体重量 7500kg ■真空ボウルカッター VCM550STL ※画像2枚目 ・特長 大型真空ボウルカッター VSM550STLは、キーパッド操作/ミキシング機能搭載モデルです。 ナイフスピード/ミキシングスピードは無段変速に対応です。 ・仕様 機種名 VCM550STL 電源容量 177.1kw 定格電流 400A (400V) ナイフモーター 173kw ナイフスピード 40~3600rpm/分 ミキシングスピード 40~500rpm/分 ボウルモーター 4.1kw ボウルスピード 4.5~16rpm/分 ボウル容量 550Liter 本体重量 8700kg

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!