FOODTOWNアドバイザー

成型装置徹底解説!

成型装置とは?

成型装置とは、原料生地を流し込み、型を用いて一定の形状に加工する装置のことです。
ミートボールやコロッケ、ハンバーグやメンチカツ、はんぺんやつくね、チョコレートにキャンディー等様々な食品の成型に用いられます。成型装置には、ハンバーグ成形機やパスタ製造機、包餡機や製パン機など、多種多様な機械があり、製造される物や原料の材質によって使用する機種は異なります。
小麦粉を主原料とするものや、魚肉練り製品やミンチ肉を原料とするものなど、原料によって採用する成型装置の仕様も大きく異なります。成型装置の種類、選定ポイント、トラブル事例について解説します。

  • 成型装置の種類、原理、使用用途について

    ・成型装置の種類
    ・デバイダー
    主に製パン工場などでパン生地などを指定した重量または長さに分割します。

    ・モルダー
    主に製パン工場において工程上、必要な『ガス抜き』と『成形作業』を行うための機械になります。

    ・リバースシーター
    主に製パン、製菓工場において工程上必要な生地の折り込み、延ばし作業にも使用できます。

    ・成型装置の原理、使用用途
    成型したい形に合わせて金型の交換が簡単で、金型を換えることで様々な形状の成型ができる成型機が主流です。
    生地の食感を損なわずに成型する(生地を練らずに成型する)ため、素材の味そのままで重量調整なども可能です。
    生地送り方法はポンプ式やスクリュー式などがあります。

  • 成型装置導入価格について

    成型装置の種類は多岐にわたります。導入価格参考例として包餡機の価格を記載します。
    包餡機価格については、包みたい製品の特性により材質や仕様の検討、処理能力により価格が変わります。
    スモール仕様と呼ばれる処理能力 1080個/時で約400~500万円
    標準単列包餡仕様処理能力 3600個/時で約700~800万円
    複数列包餡仕様処理能力 7200個/時で約1200万円、10800個/時で約1500万円となります。
    処理能力が高ければいいという根拠ではなく、前後の工程能力を考慮して選定することが必要です。
    上記価格は本体価格のみとなります。装置運搬費用や設置工事費用は別途かかります。

  • 成型装置選定ポイント、導入時の確認ポイント

    ・製品生地の特性上、成形が可能であるか
     食品の物性は原料によって様々であり、成型装置を用いて目的の成型が可能であるかの確認を入念に行う必要があります。
     成型装置での良品率、歩留まりが製造コストに大きく影響することにもなるため、ロット番号の違う原料でもテストを行うなどの
     確認が必要です。

    ・成型したい形状と処理能力があるか
     成型が可能であることを確認したうえで、処理能力が出るかを確認する必要があります。
     成型できたとしても低速での製造でなければロスが膨大になるなどであれば製造現場への導入は現実的ではありません。

    ・サニタリー性
     製品の生地を流す装置となるため、生産終了後の掃除が簡便であるかという要素は重要です。
     いい製品を成型できる装置であっても分解や洗浄に時間がかかる装置では、掃除に要する時間
     =非生産時間が多くなることに繋がります。
     ワンタッチで分解が可能、水洗浄が可能、洗浄後の組付けが簡素などの観点で選定します。 

  • 成型装置導入後のトラブル事例、事前対策ポイント

    トラブル事例
    包餡した後に製品を切り出すシャッター軸部に給油を行ったが、稼働中に油が染み出し製品に付着した。
    原因①
    給油不足によるトラブル防止のために軸部や摺動部に計画的に給油しているが、給油量が適量でなかった。
    原因②
    給油を行った後に、生産前に試運転を行い、油の染み出しや滴下がないか確認を行っていなかった。

    対策①
    計画保全として給油する場合も、給油量基準を設けて給油する。給油を行う設備担当者の教育実施。
    対策②
    給油後は空運転などの試運転を行い、給油した油が製品経路に染み出し付着していないかを確認する。
    対策③
    対応部品があれば給油レスの樹脂タイプに変更し、メンテナンスレス仕様を検討する。

製品詳細確認・カタログ無料ダウンロード可能

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 成型装置

フリッチ シーティングマシン/ パイシーター

極上の生地をうみ出すハイレベルなドウ加工機 【シーティングマシンの概要】 ■生地のシート作りに欠かせない、汎用性の高い自動ライン 生地を織り込むラミネーションと、薄くシート状に延ばすシーティングを自動化したラインです。 様々なタイプの生地を傷めることなくやさしく効率的に加工します。頑丈、オールステンレスで耐久性があり、かつ清掃しやすい衛生的なデザインです。 【パイシーターの概要】 ■パイシート生産工程を効率化し、生産能力アップ クロワッサンやデニッシュ、パイ生地の生産を効率的に行うパイシーターです。 手間の掛かる圧延の工程をこの機械ひとつで簡単処理します。大型機種には、最適化されたプログラム設定やインフィードスピードの調節、自動粉ふるい機能なども搭載されており、連続生産や大きなバッチの処理に最適です。 【製品ラインナップ例】 ■シーティングマシン 生地のシートづくりに欠かせない、汎用性の高い自動ライン。 ■リバースシーター(ロールフィクス) パイシート生地工程を効率化し、生産能力アップ。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 歩留まり改善
  • 自動化
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 成型装置

コンベアプレス機 CP220/300

■製品にダメージを与えず、均一にプレスが可能! 当社の独自技術による頑丈なフレーム、上下のコンベアにて製品にダメージを与えることなく、しかも均一な厚みにプレスが可能です。 もちろん、分解洗浄の簡単さ、メンテナンスにも充分配慮した設計です。 <製品の特長> ・コンベア速度はインバータにより、自由に調整可能 ・コンベアベルトは工具なしで脱着が可能 ・オールステンレス構造 ・ミニマルチスライサーと接続し、スジ切りとプレスを連続加工できる仕様にも変更可能 注目のHACCP対応型機! サビに強いステンレス製 簡単分解・丸洗いもOK 加工製品に触れる部分は、ほぼ工具なしで簡単に分解が可能です。 また、衛生面を最優先と考え、ベルトの着脱をワンタッチで行うことができ、丸洗いも簡単です。 <製品の仕様> ・CP220 寸法 巾660mm×奥行1,102mm×高さ1,058mm~1158mm コンベアベルト巾 220mm 処理能力 300~500kg/h(常温~チルド) 出力 320w 電源 三相AC200V ・CP300 寸法 巾700mm×奥行1,102mm×高さ1,058mm~1158mm コンベアベルト巾 300mm 処理能力 300~500kg/h(常温~チルド) 出力 320w 電源 三相AC200V ・LP220 寸法 巾447.3mm×奥行1,206mm×高さ1,068.4mm コンベアベルト巾 220mm 処理能力 300~500kg/h(常温~チルド) 対象ワーク寸法 巾220mm×奥行600mm(∞)×高さ30mm 出力 200w 電源 三相AC200V ※製品の仕様およびデザインは予告なしに変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

解決できる課題

  • 利益率改善
  • 人手不足解決
  • HACCP対策
  • 品質向上
  • 歩留まり改善
  • 自動化

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 成型装置

フォーマックス フォーミングマシン

【F-6型】 F-6型はフォーマックス 成形機のラインナップにおいて最も処理能力の小さい成型機です。小型ながら基本構造は大型機と同様に設計されており、様々な加工形態にも対応いたします。少量ロットで多種多様な製品を加工されるお客様や、製品開発におけるサンプル製作機として幅広いお客様にご利用いただいております。 【F-400型】 F-400型はフォーマックス の持つ最先端の技術を駆使し設計された生産有効幅400㎜の成型機です。処理能力は約300kgから最大で1,400kg。 ※モールドプレート孔の形状により変動 【ウルトラ26型】 ウルトラ26型はフォーマックス成型機の最新鋭機です。従来機との比較においても、より一層メンテナンスに要する手間・時間を削減し、重量精度の向上が可能。 フォーマックス成型機のスタンダードモデルとなるウルトラ26型はF-26型の後継機として開発されておりF-26型のモールドツールをそのまま利用いただけます。 大きな変更点は新たに設計されたフレームとキャビネットです。100ストローク/分の高速処理により生産性を高め、時間当たり3,000kgの処理が可能。 高い次元での信頼性を得るべく開発されたウルトラ26型の優れた重量精度と卓越した製品品質はお客様の成型処理加工をバックアップいたします。 【マクサム700型】 マクサム700型はフォーマックス成型機の抱負なラインナップの中で最大の処理能力を誇ります。数多くのお客様と共有した30年以上に渡る経験をベースとし今日求めらる食品加工機器への要望を最大限実現したフラッグシップモデルです。

解決できる課題

  • 人手不足解決
  • 品質向上
  • 自動化
  • 省スペース
  • 生産効率改善

カタログダウンロード

カタログダウンロード

  • 食品加工・製造
  • 成型装置

クロスモルダ MKC

クロスモルダ MKC 【製品特徴】 ・粉ふるい  粉ふるいは生地をセンサ感知して起動停止。フタを開けると止まる安全装置付き。 ・テフロンローラ  大径テフロンローラで生地傷みの少ないシーティングを実現。  前後カバーは開くと機械が止まる安全装置付き。 ・渡り板  渡り板で生地を方向転換。  跳ね上げタイプで掃除のために取り外す手間を省きます。 ・中空軸モータ  中空軸モータ採用によりベースフレームがなくなり、ケースコンベヤへのアクセスも簡単です。  コンベヤのどちら側にも取付可能。 ・駆動式転圧板  オプションの駆動式転圧板で生地にやさしい安定したロール整形。  デジタル表示で容易に高さ調節。跳ね上げタイプで掃除のために取り外す手間を省きます。 ・クイックリリース  オプションのクイックリリースによりワンタッチでベルトが緩み、ベルトの内側も簡単に掃除できます。 【MKC型 転圧部 主要仕様】 Bコンベヤ ベルト幅600mm 速度20~86m/min 転圧板 幅650mm 速度3.8~11.3m/min 駆動式転圧板 オプション 幅640mm 速度3~11m/min ワークコンベヤ ベルト幅600mm 速度5m/min(60Hz) ケース寸法 L : 300~380mm W : 125mm H : 125~140mm Bベルト粉フルイ 0.1kW(オプション) Bコンベヤ駆動 0.75kW 駆動式転圧板 0.2kW(オプション) ワークコンベヤ 0.4kW ケースコンベヤ 0.4kW 機械総質量 約2300kg

解決できる課題

  • 品質向上
  • 歩留まり改善
  • 自動化
  • 生産効率改善

「いろんな製品があって選ぶ基準が分からない…」そんなアナタに

食品業界のプロに無料相談

ヒアリングシート
3つのメリットと特徴

  • MERIT 1
    自動化すべき工程が
    明確になる!
    相談は3分で登録完了。自動化したい工程と製造条件を選択するだけ!
  • MERIT 2
    相談するだけで最適な
    メーカー紹介に繋がる!
    1,000社、10,000を超える商品から最適な情報を紹介!
  • MERIT 3
    補助金や助成金の
    情報紹介も可能!
    自動化するために活用できる全国の補助金情報も紹介!